ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が14日に特別コンサート、ウクライナへの連帯を全世界に発信

2022/03/08

ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(Metropolitan Opera)が「ウクライナのためのコンサート」の開催を発表した。指揮は音楽監督のヤニック・ネゼ=セガン。コンサートはライブ・ストリーミング配信され、ロシアの侵略で多くの犠牲者を出しているウクライナへの連帯を全世界に発信する。収益は救援活動に寄付される。

コンサートが行われるのは3月14日午後6時から。ウクライナ国歌の演奏の後、ウクライナの作曲家ヴァレンティン・シルヴェストロフの《ウクライナへの祈り》、バーバーの《弦楽のためのアダージョ》、ヴェルディ《ナブッコ》から第3幕の合唱“行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って”、ソプラノのリゼ・ダヴィドセンの独唱でリヒャルト・シュトラウス《4つの最後の歌》などを演奏する。

また、ベートーヴェンの交響曲第9番から第4楽章のフィナーレも演奏。歌手陣はエルザ・ファン・デン・ヘーヴァー、ジェイミー・バートン、ピョートル・ベチャワ、ライアン・スピード・グリーンエルザ・ヴァン・デン・ヒーバー、ジェイミー・バートン、ピョートル・ベッツァワ、ライアン・スピード・グリーンという顔ぶれ。

ピーター・ゲルブ総裁は声明の中で「ウクライナの罪のない犠牲者に我々の連帯を届けたいのです。私たちのパフォーマンスの力が芸術的な慰めになることを願っています。また、世界中の人の気持ちがわかる人に寄付を促すことに繋がれば」と述べている。

また、ネゼ=セガンも「音楽には本当に癒しの力があります。この特別なコンサートが、苦しんでいるウクライナの人々への揺るぎないサポートを示すことになればと願っています。危機の時には、芸術家が団結し、私たちの仕事を通して慰めと感動を提供することが非常に重要です」。

写真:Metropolitan Opera / Jonathan Tichler


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. シュトゥットガルト発 〓 SWR交響楽団の次期首席指揮者兼芸術監督にフランソワ=グザヴィエ・ロト、クルレンツィスは退任へ

  2. パリ発 〓 ピアニストの亀井聖矢、「ロン=ティボー国際音楽コンクール」で韓国のイ・ヒョクと第1位を分け合う

  3. ニューヨーク発 〓 巨匠チェリビダッケの生涯が映画に、演じるのはジョン・マルコビッチ

  4. マルセイユ発 〓 市立歌劇場が新制作の《トスカ》をストリーミング配信

  5. アムステルダム発 〓 イヴァン・フィッシャーがロイヤル・コンセルトヘボウ管の名誉指揮者に

  6. ケルン発 〓 ケルン放送管の首席指揮者にフランク・ストローベル

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが家族向けコンサートを国連難民高等弁務官事務所と共催

  8. ヴェローナ発 〓 ガスディア総裁が音楽祭の開催を諦めていないと、新聞のインタビューで

  9. パリ発 〓 パリ国立オペラが総監督のニーフとの契約を更改、2031/2032シーズン終了まで任期延長

  10. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・フィルのウクライナ支援のチャリティー・コンサートに4,000万円超の善意

  11. ウィーン発 〓 2024年元旦の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はクリスティアン・ティーレマン

  12. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン市長がゲルギエフを解職

  13. 浜松発 〓 浜松国際ピアノ・コンクールが第11回の開催中止を発表

  14. アスペン発 〓 アスペン音楽祭、グリマーグラス・フェスティバルも中止

  15. フィレンツェ発 〓 メータ夫妻がフィレンツェ歌劇場に100万ドル分の「テスラ社」の株式を寄付

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。