訃報 〓 フー・ツォン(86)中国生まれの英国のピアニスト

2020/12/29
【最終更新日】2023/02/06

中国出身で英国に亡命して活動を続けていたピアニストのフー・ツォン(=Fou Ts’ong / Fù cōng / 傅聡)が28日、ロンドン市内の病院で新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった。86歳だった。1955年の第5回ショパン国際ピアノ・コンクールでアジア人として初めて入賞した(第3位)。

フーは1934年、中華民国時代の上海生まれ。上海芸術大学教授を務めた翻訳家・文学者のフー・レイ(傅雷)を父に持ち、上海交響楽団創設者でもあるイタリア人指揮者マリオ・パーチにピアノの手ほどきを受ける。1953年にワルシャワ音楽院に留学、ズブグニェフ・ジェヴィエツキに師事した。

1955年のショパン国際ピアノ・コンクールまではまったく無名に近かったが、第3位入賞と同時にマズルカ賞も受賞した。この年のコンクールでは、田中希代子が第10位で日本人初の入賞を果たす一方、第1位がポーランドのアダム・ハラシェヴィチ、第2位がウラディミール・アシュケナージという結果に審査員のミケランジェリが退場するという騒ぎも起きている。

その後、東欧を中心に演奏活動をスタートさせたが、本国から帰国を促されたことから1959年に25歳の時にポーランドから英国へ亡命した。中国では1958年から後に大飢餓を招く「大躍進」政策が始まっており、インテリ層への迫害も始まっていた。亡命時の旅費、ロンドンでの生活費は8歳年上でパリを拠点に演奏活動をしていたピアニストのジュリアス・カッチェンが助けたという。

その後、ロンドンを拠点に活動を展開。モーツァルト、ショパン弾きとしてならし、「ピアノの詩人」と呼ばれることも。文豪ヘルマン・ヘッセからは「フー・ツォンのショパン、それはまさに奇跡だ」と絶賛された。マルタ・アルゲリッチやダニエル・バレンボイム、レオン・フライシャーやラドゥ・ルプーと親しく、別府アルゲリッチ音楽祭にも客演している。

1960年にヴァイオリニストのユーディ・メニューインの娘であるザミラと結婚、男児をもうけた。彼女とは1969年に離婚、その後、上海生まれで英国で活動していたパツィー・トウ(卓一龙)と再婚している。「大躍進」後の1966年から始まった「文化大革命」の中で、知識人階級の両親が迫害され、自殺に追い込まれる悲劇に見舞われたが、1982年に北京中央音楽学院のピアノ部門の非常勤教授に就任。その後、講義や演奏のために母国を訪問していた。

写真:VCG





関連記事

  1. ベルリン発 〓 休養していたバレンボイム、ベルリン州立歌劇場の「平和のためのコンサート」で復帰。ウクライナへの連帯を共有

  2. シカゴ発 〓 米国の音楽サイトがシカゴ響の次期音楽監督を予想、マリン・オールソップら6人の名前

  3. 訃報 〓 マルチェッロ・ジョルダーニ(56)イタリアのテノール歌手

  4. ミネアポリス発 〓 ミネソタ管の次期音楽監督にトーマス・ソンダーガード

  5. ボストン発 〓 ボストン響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ケルン発 〓 WDR響が首席指揮者のクリスティアン・マチェラルとの契約を延長

  7. ボン発 〓 若手指揮者のヨエル・ガムゾウが活動の半分を新作初演に当てる新しいオーケストラを創設

  8. ウィーン発 〓 オメール・メイア・ヴェルバーが1シーズンでフォルクスオーパーの音楽監督を退任、後任は首席客演指揮者のベン・グラスバーグ

  9. ロンドン発 〓 ロンドン・フィルの首席ホルンに20歳のアンネマリー・フェデーレ

  10. 香港発 〓 香港フィルの常任指揮者にマカオ出身の指揮者リオ・クオクマン

  11. アントワープ発 〓 アントワープ響の首席指揮者エリム・チャンが2023/2024シーズンをもって退任

  12. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立フィルの音楽監督にクシシュトフ・ウルバンスキ

  13. ロサンゼルス発 〓 ハンス・ジマーが2度目の「アカデミー賞」作曲賞受賞、映画「DUNE デューン 砂の惑星」の音楽で

  14. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ウィーン発 〓 バルトリが国立歌劇場にデビュー!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。