グラインドボーン音楽祭 〓 来年からのツアー指揮者にベン・グラスバーグを起用

2018/11/07

グラインドボーン音楽祭(Glyndebourne Festival Opera)が来年からのツアー指揮者に、英国の若手ベン・グラスバーグ(Ben Glassberg)起用することになった。契約は2019年から3年間で、最初の年は《愛の妙薬》を指揮する。グラスバーグは英国生まれの24歳。ケンブリッジ大学を卒業後、英ロイヤル・アカデミーでシャーン・エドワーズに指揮を学んだ。2017年にフランスの第55回「ブザンソン指揮者コンクール」で優勝。その年のグラインドボーン音楽祭でロビン・ティチアーティの代役として急遽《皇帝ティートの慈悲》を指揮して成功を収めている。

写真:https://www.facebook.com/benglassberg/


関連記事

  1. ヴェルディ・フェスティバル 〓 2019年は4作品を上演

  2. バイロイト音楽祭 〓 ロベルト・アラーニャの代役にピョートル・ベチャワ

  3. グラフェネッグ音楽祭 〓 2019年の概要を発表

  4. オールドバラ音楽祭 〓 2018年は第70回

  5. ザルツブルク音楽祭 〓 ブルーノ・ガンツが《魔笛》を降板

  6. インスブルック古楽音楽祭 〓 2019年はオペラ3作品を上演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。