グラインドボーン音楽祭 〓 来年からのツアー指揮者にベン・グラスバーグを起用

2018/11/07
【最終更新日】2023/09/06

グラインドボーン音楽祭(Glyndebourne Festival Opera)が来年からのツアー指揮者に、英国の若手ベン・グラスバーグ(Ben Glassberg)を起用することになった。契約は2019年から3年間で、最初の年は《愛の妙薬》を指揮する。

グラスバーグは英国生まれの24歳。ケンブリッジ大学を卒業後、英ロイヤル・アカデミーでシャーン・エドワーズに指揮を学んだ。

2017年にフランスの第55回「ブザンソン指揮者コンクール」で優勝。その年のグラインドボーン音楽祭でロビン・ティチアーティの代役として急遽《皇帝ティートの慈悲》を指揮して成功を収めている。

写真:https://www.facebook.com/benglassberg/


関連記事

  1. バイロイト発 〓 新しい《ニーベルングの指環》で指揮者交代。インキネンが新型コロナでダウン、代役にマイスター

  2. ルツェルン発 〓 リッカルド・シャイーが音楽監督務める音楽祭のオープニング・コンサートをキャンセル、緊急の手術で

  3. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭が2024年夏の公演ラインナップを発表、上演オペラは《魔弾の射手》

  4. 訃報 〓 ピーター・ブルック(97)英国の演出家

  5. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭が25歳までの若者向けに特別枠、チケットが2枚まで1枚90ユーロ

  6. バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

  7. ロンドン発 〓 ロンドン響が新シーズン開幕直後に中国、ベトナムへ

  8. フィレンツェ発 〓 5月音楽祭が2023年の公演ラインナップを発表、ズービン・メータを前面に

  9. マチェラータ発 〓 マチェラータ・オペラ・フェスティバルが2024年夏の公演ラインナップを発表

  10. インスブルック発 〓 古楽音楽祭が2021年の公演ラインナップを発表

  11. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭がフィンランド国立歌劇場の芸術監督リリ・パーシキヴィを次期芸術監督に

  12. ロンドン発 〓 新型コロナウイルス感染のアンネ=ゾフィー・ムターがネット上でカルテット演奏

  13. チューリヒ発 〓 チューリヒ芸術祭が財政難で終了へ

  14. ボン発 〓 ベートーヴェン・フェスティバルが2021年のスケジュールを発表

  15. ニューヨーク発 〓 リンカーン・センターがこの夏で「モーストリー・モーツァルト・フェスティバル」を終了

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。