訃報 〓 パウル・バドゥラ=スコダ, オーストリアのピアニスト

2019/09/27
【最終更新日】2019/10/17

ピアニストのパウル・バドゥラ=スコダ(Paul Badura-Skoda)が25日、オーストリア・ウィーンの自宅で死去した。91歳だった。ウィーン生まれで、ウィーン音楽院で学んだ。1947年にオーストリア音楽コンクールで優勝して、スイスで名ピアニストとして知られたエトヴイン・フィッシャーの薫陶を受け、同世代のフリードリヒ・グルダ、イェルク・デームスと並んで「ウィーン三羽がらす」の一人として知られた。初来日は1959年。以来、来日を重ね、この10月にも日本公演が予定されていた。

写真:badura-skoda.cc / Don Hunstein


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. タリン発 〓 エストニア国立響の次期音楽監督にオラリー・エルツ

  2. ウィーン発 〓 ソプラノ歌手のリンダ・ワトソンに「宮廷歌手」の称号

  3. 訃報 〓 ギヤ・カンチェリ, ジョージア出身の作曲家

  4. 訃報 〓 ヴェルナー・アンドレアス・アルベルト, オーストリアの指揮者

  5. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が新制作のベートーヴェン《フィデリオ》を上演前にストリーミング配信

  6. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭が“縮小版”プログラムを発表

  7. ウィーン発 〓 今年は夏の夜のコンサートの無料開放なし、ウィーン・フィル

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場が6月のストリーミング配信のラインナップを発表

  9. ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」、無観客も検討

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  11. ウィーン発 〓 ソニーが「ニューイヤー・コンサート」2020のネット配信を開始

  12. プラハ発 〓 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターに26歳の女性

  13. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  14. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  15. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。