訃報 〓 パウル・バドゥラ=スコダ, オーストリアのピアニスト

2019/09/27
【最終更新日】2019/10/17

ピアニストのパウル・バドゥラ=スコダ(Paul Badura-Skoda)が25日、オーストリア・ウィーンの自宅で死去した。91歳だった。ウィーン生まれで、ウィーン音楽院で学んだ。1947年にオーストリア音楽コンクールで優勝して、スイスで名ピアニストとして知られたエトヴイン・フィッシャーの薫陶を受け、同世代のフリードリヒ・グルダ、イェルク・デームスと並んで「ウィーン三羽がらす」の一人として知られた。初来日は1959年。以来、来日を重ね、この10月にも日本公演が予定されていた。

写真:badura-skoda.cc / Don Hunstein


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. モーツァルト週間 〓 音楽祭はオンライン開催へ

  2. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がゲルブ総裁との契約を延長

  3. ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭 〓 2022年のオペラは《セビリアの理髪師》、芸術監督のバルトリ自ら出演

  4. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク音楽祭が2022年夏の公演ラインナップを発表

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場がポネル演出の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第5週のストリーミング・ラインナップを発表、新制作の《ファウスト》はライブで

  7. ニューヨーク発 〓 ドミンゴがメトロポリタン歌劇場を“自主降板”

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場が5月のストリーミング配信ラインナップを発表

  9. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2022年の「ニューイヤー・コンサート」プログラムを発表

  10. ウィーン発 〓 「ヘルムート・ドイチュ国際歌曲コンクール」でテノールの尼子広志が優勝

  11. 訃報 〓 ワルター・バリリ, オーストリア出身のヴァイオリニスト, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の元コンサートマスター

  12. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 10月に延期

  13. ウィーン発 〓 2021年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はムーティ

  14. ウィーン発 〓 アンドレス・オロスコ=エストラーダがウィーン響の首席指揮者を突然辞任

  15. ウィーン発 〓 フォルクスオーパーが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。