訃報 〓 パウル・バドゥラ=スコダ(91)オーストリアのピアニスト

2019/09/27
【最終更新日】2023/02/16

ピアニストのパウル・バドゥラ=スコダ(Paul Badura-Skoda)が25日、オーストリア・ウィーンの自宅で死去した。91歳だった。同世代のフリードリヒ・グルダ、イェルク・デームスと並んで「ウィーン三羽がらす」の一人として知られた。

ウィーン生まれで、ウィーン音楽院で学んだ。1947年にオーストリア音楽コンクールで優勝して、スイスで名ピアニストとして知られたエトヴイン・フィッシャーの薫陶を受けた。

初来日は1959年。以来、来日を重ね、この10月にも日本公演が予定されていた。

写真:badura-skoda.cc / Don Hunstein


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年の音楽祭が閉幕、最終日にドミンゴ

  2. 訃報 〓 ジョナサン・ミラー(85)英国の演出家

  3. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場管のコンサートマスターにフョードル・ルディン

  4. ウィーン発 〓 オーストリア政府がウィーン放送響の廃止否定の声明

  5. シカゴ発 〓 ムーティーがシカゴ響の音楽監督退任を示唆

  6. ベルゲン発 〓 エドワード・ガードナーがベルゲン・フィルとの契約を延長

  7. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  8. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  9. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  10. 東京発 〓 第31回「高松宮殿下記念世界文化賞」音楽部門はアンネ=ゾフィー・ムター

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場のボグダン・ロシュチッチ総監督が契約を延長

  13. ウィーン発 〓 ポーランド出身のウツィア・マジアーがウィーン放送響のコンサートマスターに

  14. 訃報 〓 クルト・アツェスベルガー(60)オーストリアのテノール歌手

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場が代役を確保できず、アリベルト・ライマンの《メデア》の再演を断念

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。