ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

2019/09/20
【最終更新日】2019/10/17

ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト=Opernwelt」が今年の「オブ・ザ・イヤー」を発表した。「オブ・ザ・イヤー」は欧米の音楽関係の評論家や記者50名の記名投票で選ばれている。2018年の音楽祭で初演され、2019年の音楽祭でも上演されたザルツブルク音楽祭の《サロメ》のプロダクションに対する評価が高く、「プロダクション」、「演出家」、「歌手」で「オブ・ザ・イヤー」を獲得している。

また、今年の「指揮者」はドイツの女流指揮者、ヨアナ・マルヴィッツ(Joana Mallwitz)が選ばれた。ヒルデスハイム生まれの33歳。ハノーファー音楽演劇大学で学び、2014/2015シーズン、27歳でエアフルト劇場のGMD(音楽総監督)に就任、その後、2018/2019シーズンからニュルンベルク州立劇場のGMDを務める俊英。劇場のワーグナー《ローエングリン》、プロコフィエフ《戦争と平和》の公演を指揮、その成功が評価された。主な受賞者は以下の通り。

[歌手]アスミク・グリゴリアン(Asmik Grigorian)
  ※リトアニアのソプラノ歌手。ザルツブルク音楽祭《サロメ》のサロメを歌い、その歌唱に24人が投票(過去最多得票)。

[指揮者]ヨアナ・マルヴィッツ
  ※ニュルンベルク州立劇場音楽総監督。ワーグナー《ローエングリン》、プロコフィエフ《戦争と平和》の上演を指揮。

[若手アーティスト]リーゼ・ダヴィドセン(Lise Davidsen)
  ※ノルウェーのソプラノ歌手

[オペラ・ハウス]ライン国立オペラ(Opéra national du Rhin)
  ※ライン国立オペラはフランスの、ストラスブール、コルマール、ミュールーズの3都市で興業

[オーケストラ]キリル・ペトレンコ&バイエルン州立歌劇場管弦楽団
  ※8回目の受賞、連続6年受賞。

[コーラス]シュトゥットガルト州立歌劇場合唱団
  ※12回目の受賞

[プロダクション]ザルツブルク音楽祭《サロメ》
  ※ロメオ・カステルッチの演出で、2018年の音楽祭で初演

[演出家]ロメオ・カステルッチ(Romeo Castellucci)

[舞台デザイン]ロメオ・カステルッチ(Romeo Castellucci)

[衣装]ウルスラ・クドルナ(Ursula Kudrna)
  ※初受賞。ザルツブルク音楽祭のモーツァルト《魔笛》とベルリン州立歌劇場のベアト・フラー《すみれ雪=Violet Snow》の衣装などで評価を集めた。

[初演]クルターグ・ジェルジュのオペラ《勝負の終わりに=Fin de partie》
  ※92歳になるハンガリーの作曲家クルターグ初のオペラで、2018年11月にミラノ・スカラ座で初演

[再発見]アルベリク・マニャールのオペラ《ゲルクール=Guercœur》
  ※2019年6月にドイツ・オスナブリュック劇場で蘇演。マニャール(Albéric Magnard, 1865-1914)はフランスの作曲家。《ゲルクール》は1901年の作品。

写真:Joana Mallwitz / Nikolaj Lund

    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. 訃報 〓 佐藤しのぶ, 日本のソプラノ歌手

  2. ベネチア発 〓 高潮で開幕公演のリハーサル中止、フェニーチェ劇場

  3. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルも「デジタル・コンサートホール」を1か月間無料開放

  4. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー, オーストリアの指揮者

  5. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ブランデンブルク・アン・デア・ハーフェル発 〓 ブランデンブルク響の首席指揮者にオリヴィエ・タルディ

  7. 訃報 〓 レイモンド・レッパード, 英国の指揮者

  8. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市が次の「トーマスカントル」を募集

  9. ミュンヘン発 〓 ネトレプコ、トゥーランドット姫に挑戦

  10. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  11. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  12. 訃報 〓 マリス・ヤンソンス, ラトビアの指揮者

  13. シカゴ発 〓 ムーティーがシカゴ響の音楽監督退任を示唆

  14. ライプチヒ発 〓 中部ドイツ放送響の首席指揮者にデニス・ラッセル・デイヴィス

  15. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。