ドレスデン発 〓 ザクセン州政府がティーレマンと契約延長せず、シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者は2024年まで

2021/05/11
【最終更新日】2021/06/09

ドイツのザクセン州政府のバルバラ・クレプシュ(Barbara Klepsch)社会・消費者保護大臣が5月10日、シュターツカペレ・ドレスデン(ザクセン州立歌劇場管弦楽団)の首席指揮者を務めるクリスティアン・ティーレマンとの契約が2024年を超えて延長されないと発表した。文化相はまた、州立歌劇場の芸術監督ペーター・タイラーも2024年で退任となることを発表、体制を一新させる姿勢を鮮明にした。

ティーレマンが首席指揮者に就任したのは2012年。一方、タイラーは2018年から。後任については具体的な候補者が浮上しているわけではなく、これからという。

ティーレマンとシュターツカペレ・ドレスデンは2013年から、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に代わってオーストリア・ザルツブルクの復活祭音楽祭のレジデント・オーケストラを務めてきた。しかし、こちらも音楽祭の新しい総監督に就任したニコラウス・バッハラーとの路線の違いから、2022年を最後に音楽祭を去ることが決まっている。

写真:Staatskapelle Dresden


関連記事

  1. ヘルシンキ発 〓 フィンランド国立オペラ・バレエが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  2. クリスチャンサン発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがクリスチャンサン響との契約を延長

  3. ミラノ発 〓 スカラ座の《サロメ》は指揮者がメータからシャイーに

  4. ヴヴェイ発 〓 クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールが最終出場者22人を発表

  5. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  6. アムステルダム発 〓 オランダは全土で部分的なロックダウンへ

  7. ウィーン発 〓 指揮者のマルコ・アルミリアートが国立歌劇場の名誉会員に

  8. レイクシティ発 〓 パイプオルガン大手ドブソン本社が全焼

  9. パリ発 〓 アラーニャが途中降板、パリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で

  10. ミュンヘン発 〓 青木尚佳がミュンヘン・フィルのコンサートマスターに

  11. ロンドン発 〓 置き忘れたヴァイオリン、スティーブン・モリスに戻る

  12. ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」は史上初の無観客で

  13. 訃報 〓 ヴォルフガング・ベッチャー, ドイツのチェロ奏者・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元首席奏者

  14. パリ発 〓 終わらない国立オペラのストライキ、新制作の《マノン》の上演も断念

  15. パリ発 〓 テノールのアラーニャが「レジオンドヌール勲章」を受章

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。