ドレスデン発 〓 マレク・ヤノフスキがコンサート形式による新しい“リング・チクルス”、手兵のドレスデン・フィルと

2022/02/26

ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団(Dresdner Philharmonie)が24日、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。その中で、コンサート形式によるワーグナーの楽劇《ニーベルングの指環》4部作の通し上演の計画を明らかにした。昨シーズン2019/2020シーズンから二度目の首席指揮者を務めるマレク・ヤノフスキ(Marek Janowski)が指揮する。

4部作の通し上演が行われるのは、2022年9月30日から10月15日。ヤノフスキがオーケストラの本拠地である文化宮殿で4部作の通し上演に獲り組むのは2回目となる。

前回は彼が40代だった1980年代初頭のことで、その時はドレスデン・シュターツカペレ(ザクセン州立歌劇場管弦楽团)を指揮している。演奏会と並行して全曲初のデジタル録音も行われ、ヤノフスキのワーグナー指揮者としての名声を確立することにもなった。

ただ、録音は聖ルカ教会で行われて話題を集めたが、ヤノフスキは演奏会が行われた文化宮殿の音響に不満で、長年リベンジを考えていたという。その文化宮殿は2017年に大改装工事を終了、そこで再び通し上演が企画された。

ところが、今度はコロナ禍が直撃。そのため、2021/2022シーズンで退任する予定だったヤノフスキはオーケストラとの契約を1年延長して実現に漕ぎ着けたという。

ヤノフスキは1939年、ワルシャワ生まれの83歳。父親がポーランド人、母親はドイツ人。フライブルクやドルトムントの歌劇場で音楽監督を務めた後、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団(1984-2000)、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団(2000-2005)、ベルリン放送交響楽団(2002-2015)、スイス・ロマンド管弦楽団(2005-2012)などの音楽監督や首席指揮者を歴任してきた。

ワーグナーのオペラ、楽劇についてヤノフスキは、2010年から2013年にかけてベルリン放送交響楽団とフィルハーモニーを会場に行った演奏会形式による上演で、《ニーベルングの指環》を含む主要11作品を取り上げ、それをライブ録音を行い、アルバムもリリースされている。

写真:Dresdner Philharmonie / Markenfotografie


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ドレスデン発 〓 ザクセン州立オペラが昨年秋公開の《魔笛》をストリーミング

  2. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第1週のストリーミング配信のラインナップを発表

  4. マイアミ発 〓 マイアミ響が音楽監督のエドゥアルド・マルトゥレとの契約を延長

  5. クリーヴランド発 〓 クリーヴランド管が3月から6月にかけての公演をキャンセル

  6. 訃報 〓 ジョセフィン・ヴィージー, 英国のメゾ・ソプラノ歌手

  7. ロンドン発 〓 名門「デッカ」がクラウス・マケラと契約、指揮者との契約は約40年ぶり

  8. ミュンヘン発 〓 青木尚佳がミュンヘン・フィル初の女性コンサートマスターとしてデビュー

  9. ベルリン発 〓 バレンボイムが19日に現場復帰

  10. ザルツブルグ音楽祭 〓 音楽祭をストリーミング配信、第1弾は《エレクトラ》

  11. 訃報 〓 シュテファン・ショルテス, ハンガリー出身の指揮者

  12. 訃報 〓 テレサ・ツィリス=ガラ, ポーランド出身のソプラノ歌手

  13. ロサンゼルス発 〓 ジェームズ・コンロンがロサンゼルス・オペラとの契約を延長

  14. 訃報 〓 ユーリ・アルペルテン, エストニアの指揮者

  15. ハレ発 〓 アリアーヌ・マティアクが半年足らずで音楽総監督を辞任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。