ドレスデン発 〓 マレク・ヤノフスキがコンサート形式による新しい“リング・チクルス”、手兵のドレスデン・フィルと

2022/02/26

ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団(Dresdner Philharmonie)が24日、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。その中で、コンサート形式によるワーグナーの楽劇《ニーベルングの指環》4部作の通し上演の計画を明らかにした。昨シーズン2019/2020シーズンから二度目の首席指揮者を務めるマレク・ヤノフスキ(Marek Janowski)が指揮する。

4部作の通し上演が行われるのは、2022年9月30日から10月15日。ヤノフスキがオーケストラの本拠地である文化宮殿で4部作の通し上演に獲り組むのは2回目となる。

前回は彼が40代だった1980年代初頭のことで、その時はドレスデン・シュターツカペレ(ザクセン州立歌劇場管弦楽团)を指揮している。演奏会と並行して全曲初のデジタル録音も行われ、ヤノフスキのワーグナー指揮者としての名声を確立することにもなった。

ただ、録音は聖ルカ教会で行われて話題を集めたが、ヤノフスキは演奏会が行われた文化宮殿の音響に不満で、長年リベンジを考えていたという。その文化宮殿は2017年に大改装工事を終了、そこで再び通し上演が企画された。

ところが、今度はコロナ禍が直撃。そのため、2021/2022シーズンで退任する予定だったヤノフスキはオーケストラとの契約を1年延長して実現に漕ぎ着けたという。

ヤノフスキは1939年、ワルシャワ生まれの83歳。父親がポーランド人、母親はドイツ人。フライブルクやドルトムントの歌劇場で音楽監督を務めた後、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団(1984-2000)、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団(2000-2005)、ベルリン放送交響楽団(2002-2015)、スイス・ロマンド管弦楽団(2005-2012)などの音楽監督や首席指揮者を歴任してきた。

ワーグナーのオペラ、楽劇についてヤノフスキは、2010年から2013年にかけてベルリン放送交響楽団とフィルハーモニーを会場に行った演奏会形式による上演で、《ニーベルングの指環》を含む主要11作品を取り上げ、それをライブ録音を行い、アルバムもリリースされている。

写真:Dresdner Philharmonie / Markenfotografie


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロサンゼルス発 〓 ヒドゥル・グドナドッティルがゴールデングローブ賞の作曲賞を受賞

  2. リューベック発 〓 シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭が2022年の「レナード・バーンスタイン賞」はギターのショーン・シベ

  3. グラーツ発 〓 ローランド・クルティヒがグラーツ歌劇場の音楽総監督退任へ

  4. 訃報 〓 リナト・イブラギモヴァ(59)ロシア出身のコントラバス奏者、ロンドン交響楽団の元首席

  5. シカゴ発 〓 ムーティーがシカゴ響の音楽監督退任を示唆

  6. ジュネーブ発 〓 第76回「ジュネーブ国際音楽コンクール」のピアノ部門でカナダのケビン・チェンが優勝、日本の五十嵐薫子が3位に

  7. ペルミ発 〓 クルレンツィス&ムジカ・エテルナのベートーヴェン交響曲第1弾が登場

  8. ウィーン発 〓 今年の「オーパンバル」はド・ビリーが指揮、サエンス、ガランチャ、ベチャワが出演

  9. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭が“縮小版”プログラムを発表

  10. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  11. リューベック発 〓 市立劇場が音楽総監督シュテファン・ヴラダーとの契約を延長

  12. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立バレエ団が空席の監督にローラン・イレール

  13. 訃報 〓 ロバート・マン(97)米国のヴァイオリニスト、ジュリアード弦楽四重奏団の創設メンバー

  14. サンタフェ発 〓 サンタフェ・オペラが開催中止を発表

  15. ハーグ発 〓 レジデンティ管弦楽団の次期首席指揮者にアーニャ・ビールマイアー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。