訃報 〓 ヒルデ・ザデク, ドイツのソプラノ歌手

2019/02/23

往年のソプラノ歌手ヒルデ・ザデク(Hilde Zadek)が21日、カールスルーエで亡くなった。101歳だった。1947年のデビュー後、1971年に現役を引退するまで、ウィーン国立歌劇場を中心に欧米の著名な歌劇場で数々の舞台に立ち、戦後のオペラの黄金期を支えた歌手の一人。ウィーン国立歌劇場だけで39の役で760回出演、名誉会員、宮廷歌手にも選ばれている。

1917年、第一次大戦後にポーランド領となったポズナニ近郊でユダヤ系の家庭に生まれた。ナチスの台頭で17歳だった1935年に当時のパレスチナに移住。エルサレムで看護師として働きながら声楽を学んだ。1945年にヨーロッパに戻り、チューリッヒで研鑽を積んだ。1947年のウィーン・デビューでは、アン・デア・ウィーン劇場で上演されたヴェルディ《アイーダ》にアイーダ役で出演、センセーショナルな成功を収めた。

翌年、ザルツブルク音楽祭にデビュー、ドンナ・アンナ、ヴィオレッタ、アリアドネなどを役を歌って成功を収める。1967年からはウィーンの音楽アカデミーで若い音楽家の指導を始め、1971年の引退後はその後も世界各地でマスタークラスを開催。また、1999年に「ヒルデ・ザデク声楽コンクール」を主宰。2年に一度のコンクールは、11回目を2019年4月22日から27日に開催されることになっていた。

写真:Vienna State Opera





関連記事

  1. ドレスデン発 〓 ヤノフスキがドレスデン・フィルの首席指揮者へ、2度目の登板

  2. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  3. アトランティックシティ発 〓 「ミス・アメリカ2019」に若手オペラ歌手

  4. モスクワ発 〓 チャイコフスキー国際コンクールの「木管楽器部門」の審査員決まる

  5. リガ発 〓 「オペラ・ヴィジョン」がラトビア国立歌劇場の《さまよえるオランダ人》を配信

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。