サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

2018/09/22

映像を空間に浮かび上がらせる技術を使い、歴史的ソプラノ歌手マリア・カラス(1923-1977)をステージ上に再現するコンサートの世界ツアーを、23日に米国サクラメントからスタートさせる。日本上陸は2019年初めになるという。ツアーを行うのは「Base Hologram」社。残されているカラスの映像を最新技術でホログラムとしてステージ上に映し、過去の録音からカラスの歌声だけを抜き出した音と舞台上の50人のオーケストラの演奏をミックスするスタイル。歌われるのは、カルメン、ラ・ジョコンダ、マクベス、ハムレット、ロメオとジュリエットなどのアリア。アンコールも用意され、本物のコンサートと同じような感覚でコンサートが楽しめる。「Base Hologram」社は今年4月、故ロイ・オービソンのホログラム・コンサートを行っている。

写真:BASE HOLOGRAM





関連記事

  1. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  2. リスボン発 〓 「オペラリア」2018が閉幕

  3. 訃報 〓 ミヒャエル・ギーレン, ドイツの指揮者

  4. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがパッパーノとの契約を延長

  5. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で佐藤晴真が優勝

  6. 香港発 〓 香港フィルがズヴェーデン指揮のマーラーを200ドルで

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。