訃報 〓 マリス・ヤンソンス, ラトビアの指揮者

2019/12/01

ラトビアの巨匠指揮者マリス・ヤンソンス(Mariss Jansons)が11月30日、サンクト・ペテルブルクの自宅で76歳で亡くなった。ヤンソンスは心臓に持病を抱え、1996年にオスロのノルウェー国立歌劇場でオペラ“ボエーム”を指揮していて心臓発作で倒れている。今年は夏の活動をすべて停止。9月にシーズンが幕を開けた後も、2003年から首席指揮者を務めるバイエルン放送交響楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートの指揮を相次いで降板していた。

1943年、ナチス・ドイツ占領顔のラトビアの首都リガの生まれ。父親は後にエフゲニー・ムラヴィンスキーと共にレニングラード・フィルハーモニー交響楽団の指揮者を務めたアルヴィド・ヤンソンス。母親のイライダ・ヤンソンスはユダヤ系の歌手で、父親と兄弟をリガのゲットーで殺害された後、リガで潜伏生活を送っていたという。

レニングラード音楽院でピアノ・ヴァイオリン・指揮を学んだ後、ウィーン国立音楽アカデミーに留学、ハンス・スワロフスキーに師事した。1971年、カラヤン国際指揮者コンクールで2位を獲得し、レニングラード・フィルを指揮してデビューした。1973年からムラヴィンスキーの助手として副指揮者を務め、彼に率いられた1977年の日本公演で初来日。1986年、1989年、1992年、1994年にも来日ツアーで指揮台に立っている。

最初の大きなポストはオスロ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者で、1979年から2000年まで務めた。1997年から2004年までピッツバーグ交響楽団の首席指揮者も兼任。その後、活動の場は大きく広がり、2003年からバイエルン放送交響楽団、2004年からロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(-2015)という、ヨーロッパの名門オーケストラの首席指揮者を兼任した。

オペラからオーケストラまでレパートリーは広く、得意としたのは、ベートーヴェンやリヒャルト・シュトラウス、ドボルザーク、マーラー、ショスタコーヴィチなどのドイツ・オーストリア系の音楽、ロシア物で、中でも、ショスタコーヴィチは8つのオーケストラによる交響曲全集を完成させている。2006年、2012年、2016年のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤー・コンサートの指揮者を務めている。

写真:Bavarian Radio Symphony Orchestra / Peter Meisei

関連記事

  1. パリ発 〓 ゼネスト、パリ国立オペラを直撃

  2. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  3. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  4. 訃報 〓 ディナ・ウゴルスカヤ, ドイツのピアニスト

  5. ニュルンベルク発 〓 演出家が歌手の代役 !?

  6. ベルリン発 〓 「オパー・マガジン」が新しいオペラの年間賞を創設

  7. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  8. ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

  9. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア・フィルの次期首席指揮者にダニエル・ライスキン

  10. ニューヨーク発 〓 映画『The Song of Names』、北米での公開始まる

  11. 訃報 〓 エリオ・ボンコンパーニ, イタリアの指揮者

  12. ニューヨーク発 〓 ドミンゴがメトロポリタン歌劇場を“自主降板”

  13. 訃報 〓 佐藤しのぶ, 日本のソプラノ歌手

  14. ニューヨーク発 〓 新たに11人の女性がドミンゴのセクハラを証言

  15. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。