ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

2019/11/19

指揮者のマリス・ヤンソンス(Mariss Jansons)のキャンセルが続いている。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が18日、11発28日から12月2日にかけて行われる5回のコンサートのキャンセルを発表した。代役はヤクブ・フルシャが務める。ヤンソンスは病気回復のため夏の間の活動を休止。2019/2020シーズンが始まってから現場復帰したが、11月に入って体調不良によるキャンセルが続いている。

手兵のバイエルン放送交響楽団とのアントワープ、ルクセンブルグ、エッセンを回るツアー(11月月3日〜5日)に指揮をダニエル・ハーディングと交代した。それに続くニューヨークのカーネギー・ホールでの公演(8日、9日)も、1日目は指揮したが、2日目はヴァシリー・ペトレンコが代役を務めた。バイエルン放送交響楽団との契約は2024年まである。

写真:Bavarian Radio Symphony Orchestra / Astrid Ackermann

関連記事

  1. ロンドン発 〓 レザール・フロリサンが創立40周年ツアー

  2. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2022年の「ニューイヤー・コンサート」プログラムを発表

  3. ザルツブルク発 〓 復活祭音楽祭、2023年のオペラはカウフマン主演の《タンホイザー》。レジデント・オーケストラにアンドリス・ネルソンス率いるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管

  4. ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭 〓 今年は5月21日に開幕

  5. 訃報 〓 ギヤ・カンチェリ, ジョージア出身の作曲家

  6. ウィーン発 〓 ソニーが「ニューイヤー・コンサート」2020のネット配信を開始

  7. 訃報 〓 レイモンド・レッパード, 英国の指揮者

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第1週のストリーミング配信のラインナップを発表

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新作の《カルメン》のストリーミング配信へ、カストロノーヴォの代役にベチャワ、ラチヴェリシュヴィリは現場復帰

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場、12月13日に《ドン・カルロ》で再開場

  11. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  12. グラフェネック音楽祭 〓 開幕コンサートの指揮台に佐渡裕、幕開けは細川俊夫の新作ファンファーレ、ヴェルディのレクイエムは急きょ“合唱なし”

  13. ヴェッセルビューレン発 〓 五嶋みどりに「ブラームス賞」

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場がスター歌手が着用した舞台衣装をネット・オークションに

  15. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラがグリゴーロに“黒判定”、メトロポリタン歌劇場も

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。