東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

2019/09/28
【最終更新日】2019/10/17

日本音楽財団が24日、所有するストラディヴァリウス1730年製チェロ「フォイアマン」をチェロ奏者カミーユ・トマ(Camille Thomas)に貸与したと発表した。トマは1988年、パリの生まれ。パリ音楽院、ハンス・アイスラー音楽大学、ヴァイマル音楽大学で学び、2014年に欧州連合主催のコンクールで優勝、フランスの「ヴィクトワール・ド・ラ・ミュジーク」新人賞を獲得。ドイツ・グラモフォンと専属契約を結んでいる俊英。

貸与された「フォイアマン」は、世界的なチェロ奏者エマヌエル・フォイアマン(1902-1942)が1934年に購入。長年にわたり演奏活動や録音に使用したことからこの名前で呼ばれている。彼の没後、米国収集家を経て、1956年からチェロ奏者アルド・パリゾ(1918-2018)が所有、1996年に日本音楽財団が購入した。財団はスティーブン・イッサーリスなどに貸与していた。名工アントニオ・ストラディヴァリが製作したうち、現存するチェロは約50挺とされる。

写真:facebook.com/CamilleThomasCellist/


関連記事

  1. 東京発 〓 新国立劇場の無料ストリーミング「巣ごもりシアター」が第2弾のラインナップを発表

  2. 浜松発 〓 国際ピアノアカデミー、4年ぶりに再開

  3. シカゴ発 〓 リリック・オペラの次期音楽監督にエンリケ・マッツォーラ

  4. ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

  5. ブザンソン発 〓 国際指揮者コンクールで沖澤のどかが優勝

  6. 東京発 〓 新国立劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がゲルブ総裁との契約を延長

  8. 訃報 〓 ギヤ・カンチェリ, ジョージア出身の作曲家

  9. 東京発 〓 2020年東京五輪・パラリンピックの公式文化プログラム、ドミンゴの代役決まる

  10. 横浜発 〓 神奈川フィルが創立50周年

  11. グラナダ発 〓 パブロ・エラス=カサドが国際音楽舞踏祭の芸術監督を辞任

  12. 東京発 〓 新日本フィルが2020/2021シーズンのラインナップを発表

  13. 大津発 〓 沼尻竜典が2023年で「びわ湖ホール」芸術監督を退任、バトンは阪哲朗に

  14. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  15. 札幌 〓 PMF札幌2020が開催を断念

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。