ロンドン発 〓 デイヴィッド・コーエンがロンドン響の首席チェロ奏者に

2021/12/10

ロンドン交響楽団(London Symphony Orchestra)が2022年から、チェロの首席奏者にデイヴィッド・コーエン(David Cohen)を迎えると発表した。合わせて、トランペットのジェームズ・ファウンテンが首席奏者として入団したことも明らかにした。ファウンテンはロンドン・フィルハーモニー管弦楽団からの移籍。

コーエンは1980年、フランスとの国境に近いベルギー最古の都市トュルネの生まれ。9歳でベルギー王立管弦楽団と演奏してソロ・デビュー。その後、ユーディメ・ニューイン音楽学校、ギルドホール音楽演劇学校で学んだ。

卒業後、21歳の若さでフィルハーモニア管弦楽団の首席奏者に。その後、フリー奏者として活躍。英国ケンブリッジのメルコール・アンサンブル、ベルギーのレシーヌ音楽祭の芸術監督など幅広い活動を続けている。

写真:David Cohen

    劇場のサイトへ ▷


関連記事

  1. ロサンゼルス発 〓 ジェームズ・コンロンがロサンゼルス・オペラの音楽監督を退任、契約が終わる2025/2026シーズンをもって

  2. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラがワーグナー《リエンツィ》をストリーミング配信

  3. ロンドン発 〓 ヴァシリー・ペトレンコがロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に

  4. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場が過去の公演をYouTubeで配信

  5. ストックホルム発 〓 ピアノのイゴール・レヴィットがノーベル賞の授賞式で演奏

  6. 訃報 〓 野島稔(76)日本のピアニスト

  7. ヴァレンシア発 〓 ソフィア王妃芸術宮殿が《蝶々夫人》をストリーミング配信

  8. ニース発 〓 ニース・フィルの首席指揮者にリオネル・ブランギエ

  9. プロヴディフ発 〓 ソプラノのソーニャ・ヨンチェヴァに名誉市民の称号

  10. パリ発 〓 国立オペラのリスナー総裁が新制作のキャンセルに言及、長引くストライキの影響で

  11. ロンドン発 〓 ラトルら世界的な音楽家119人が嘆願書、ウクライナ侵略戦争の即時停止、ロシアのアーティストの一律ボイコットに反対の訴え

  12. ラスベガス発 〓 ラスベガス・フィルが芸術顧問に大御所レナード・スラットキン

  13. 訃報 〓 ルイス・デ・パブロ(91)スペインの作曲家

  14. パリ発 〓 国立オペラにまたストライキの嵐、《オイディプス王》の公演はコンサート形式による上演に変更

  15. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭の《ワルキューレ》でヴォータン役のトマス・コニエチュニーが怪我で途中降板

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。