ブリュッセル発 〓 モネ劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/03/27

モネ劇場(La Monnaie)が来シーズン、2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。

新制作は、世界初演となる《私たちの歌の時間》の他、《ねじの回転》、《ヘンリー八世》。

《私たちの歌の時間》はヨーロッパ・ジャズ界のカリスマ・ピアニストから作曲家に転じたベルギーのクリス・デフォートの作品。

これに昨年のエクス・プロヴァンス音楽祭で世界初演されたアダム・マオールの《眠れる千人》のベルギー初演が加わる。

マオール(1983-)はイスラエルの作曲家で、《眠れる千人》はイスラエルとパレスチナの紛争についてのヘブライ語のオペラ。

また、「バスターダ!=Bastarda!」と名付けられた公演も行われる。イングランドのエリザベス1世の生涯を、ドニゼッティの4つのオペラからの抜粋を繋ぎ合わせて描く試み。

取り上げる4作品は《ケニルワース城のエリザベッタ》、《アンナ・ボレーナ》、《マリア・ ストゥアルダ》、《ロベルト・デヴリュー》。2夜にわたる大規模な取り組みで、指揮はフランチェスコ・ランツィロッタ。

オペラのラインナップは以下の通り。


クリス・デフォート《私たちの歌の時間》 = 世界初演
9.15 →
演出:テッド・ハフマン
指揮:クワメ・ライアン


アダム・マオール《眠れる千人》 = ベルギー初演
9.26 →
演出:ヨナタン・レヴィ
指揮:エレーナ・シュワルツ


コルンゴルト《死の都》
10.22 →
演出:マリウシュ・トレリンスキ
指揮:ローター・ケーニクス


ヴェルディ《ファルスタッフ》
11.9 →

演出:ロラン・ペリー
指揮:アラン・アルティノグリュ


ブリテン《ねじの回転》 = 新制作
2021.1.19 →
演出:アンドレア・ブレス
指揮:ベン・グラスバーグ


サン=サーンス《ヘンリー八世》 = 新制作
4.27 →
演出:オリヴィエ・ピィ
指揮:アラン・アルティノグリュ


ワーグナー《パルジファル》
6.15 →
演出:ロメオ・カステルッチ
指揮:アラン・アルティノグリュ


写真:La Monnaie / Johan Jacob


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ニュルンベルグ発 〓 ヨアナ・マルヴィッツが任期満了をもって州立劇場の音楽総監督を退任

  2. 訃報 〓 アンネローゼ・シュミット, ドイツのピアニスト

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が13日、ドイツの歌劇場のトップを切って再開場

  4. パリ発 〓 レジス・パスキエの愛器1736年製「グァルネリ・デル・ジェス」が競売に、推定落札価格は5億円超

  5. ゲイツヘッド発 〓 ノリントンが王立ノーザン・シンフォニアを指揮して引退コンサート、ライブ・ストリーミングも

  6. アムステルダム発 〓 オランダ放送フィルが首席指揮者のカリーナ・カネラキスとの契約を延長

  7. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が《エルナーニ》を無料ストリーミング

  8. ボルチモア発 〓 ボルチモア響の次期音楽監督にジョナソン・ヘイワード

  9. サンティアゴ・デ・コンポステーラ発 〓 2022年12月をもって、ポール・ダニエルがスペインのガリシア王立フィルの芸術監督を退任

  10. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  11. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  12. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  13. 訃報 〓 斎藤雅広, 日本のピアニスト

  14. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ヘルシンキ発 〓 スザンナ・マルッキがヘルシンキ・フィルの首席指揮者退任へ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。