訃報 〓 メゾ・ソプラノ、ヴァレンティナ・レフコ

2018/08/16
【最終更新日】2018/08/17

ロシアのメゾ・ソプラノ、ヴァレンティナ・レフコ(Valentina Levko)が14日、モスクワで亡くなった。前日に92歳の誕生日を祝ったばかりだった。レフコは1926年、モスクワ生まれ。グネーシン音楽大学とモスクワ音楽院でヴァイオリン、ヴィオラを学びんだ後、声楽に転向。1960年代から80年代にかけてボリショイ劇場のスター歌手として活躍。洗練された歌唱スタイルと深みのある美しい声で高い評価を獲得、ソ連政府から人民芸術家の称号を与えられている。「ヴァレンティナ・レフコ記念全ロシア声楽家コンクール」も創設された。また、当時のロシア人歌手には珍しく、ミラノ・スカラ座やウィーン国立歌劇場、米国でも出演を重ねた。

写真:Bolshoi Theater


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ソプラノのカミラ・ニールンドに「宮廷歌手」の称号

  2. レイキャビク発 〓 エヴァ・オッリカイネンがアイスランド響の首席指揮者兼芸術監督に

  3. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場が2018/2019シーズンのラインナップ発表

  4. ニューヨーク発 〓 テノールのカマレナがMETのアンコール記録を更新

  5. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウ管が独自のユース・オーケストラ

  6. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。