訃報 〓 メゾ・ソプラノ、ヴァレンティナ・レフコ

2018/08/16
【最終更新日】2018/08/17

ロシアのメゾ・ソプラノ、ヴァレンティナ・レフコ(Valentina Levko)が14日、モスクワで亡くなった。前日に92歳の誕生日を祝ったばかりだった。レフコは1926年、モスクワ生まれ。グネーシン音楽大学とモスクワ音楽院でヴァイオリン、ヴィオラを学びんだ後、声楽に転向。1960年代から80年代にかけてボリショイ劇場のスター歌手として活躍。洗練された歌唱スタイルと深みのある美しい声で高い評価を獲得、ソ連政府から人民芸術家の称号を与えられている。「ヴァレンティナ・レフコ記念全ロシア声楽家コンクール」も創設された。また、当時のロシア人歌手には珍しく、ミラノ・スカラ座やウィーン国立歌劇場、米国でも出演を重ねた。

写真:Bolshoi Theater


関連記事

  1. マドリード発 〓 サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルのホールが「テレサ・ベルガンサ・オーディトリアム」に

  2. トロント発 〓 ピエチョンカが王立音楽院の声楽部門トップに

  3. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2019年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラムを発表

  4. ロサンゼルス発 〓 9月公開の映画「Bel Canto」にルネ・フレミング

  5. バルセロナ発 〓 リセウ劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ヘルシンキ発 〓 フィンランド放送響の次期首席指揮者に英国のニコラス・コロン

  7. バイロイト音楽祭 〓 新作《ローエングリン》をライブ・ストリーミングで配信

  8. ハーグ発 〓 レジデンティ管弦楽団の次期首席指揮者にアーニャ・ビールマイアー

  9. ビーゴ発 〓 2019年の第3回コンクールは“アルゲリッチ・エディション”

  10. バイロイト音楽祭 〓 2019年の《タンホイザー》でゲルギエフが音楽祭デビュー

  11. ガーシントン・オペラ 〓 2019年夏のラインナップを発表

  12. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がドミンゴの劇場デビュー50周年を祝福

  13. 山形発 〓 阪哲朗が山形交響楽団の常任指揮者に

  14. ハンブルク発 〓 州立歌劇場が2019/2020シーズンの上演ラインナップを発表

  15. マールボロ音楽祭 〓 ピアノのジョナサン・ビスが内田光子と共同芸術監督に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。