訃報 〓 メゾ・ソプラノ、ヴァレンティナ・レフコ

2018/08/16
【最終更新日】2018/08/17

ロシアのメゾ・ソプラノ、ヴァレンティナ・レフコ(Valentina Levko)が14日、モスクワで亡くなった。前日に92歳の誕生日を祝ったばかりだった。レフコは1926年、モスクワ生まれ。グネーシン音楽大学とモスクワ音楽院でヴァイオリン、ヴィオラを学びんだ後、声楽に転向。1960年代から80年代にかけてボリショイ劇場のスター歌手として活躍。洗練された歌唱スタイルと深みのある美しい声で高い評価を獲得、ソ連政府から人民芸術家の称号を与えられている。「ヴァレンティナ・レフコ記念全ロシア声楽家コンクール」も創設された。また、当時のロシア人歌手には珍しく、ミラノ・スカラ座やウィーン国立歌劇場、米国でも出演を重ねた。

写真:Bolshoi Theater


関連記事

  1. デトロイト発 〓 フォード・コレクションがストラディバリウス「ルージュモン」をデトロイト交響楽団に貸与

  2. バーミンガム発 〓 山田一樹がバーミンガム市交響楽団の首席客員指揮者に

  3. ロサンゼルス発 〓 ドミンゴが新しい役に挑戦

  4. アムステルダム発 〓 ノセダが代役でロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団に思わぬデビュー

  5. サンディエゴ発 〓 エド・デ・ワールトがサンディエゴ響の首席客演指揮者に

  6. 東京発 〓 ロイヤル・オペラ、日本ツアーの詳細決まる

  7. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  8. ハノーファー発 〓 アンドルー・マンゼが北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団との契約を更改

  9. ロンドン発 〓 グラモフォン・アワード2018決定

  10. チューリヒ発 〓 ジャナンドレア・ノセダがチューリヒ歌劇場の音楽総監督に

  11. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年から「キューネ財団」が最大のスポンサーに

  12. ストックホルム発 〓 スウェーデン放送響がハーディングとの契約を延長

  13. パリ発 〓 新しい“リング”含め、パリ国立オペラが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ヒルヒェンバッハ発 〓 南ヴェストファーレン・フィルが首席指揮者にナビル・シェハタ

  15. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが2019/2020シーズンの上演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。