訃報 〓 メゾ・ソプラノ(92)ヴァレンティナ・レフコ

2018/08/16
【最終更新日】2023/02/06

ロシアのメゾ・ソプラノ、ヴァレンティナ・レフコ(Valentina Levko)が14日、モスクワで亡くなった。前日に92歳の誕生日を祝ったばかりだった。

レフコは1926年、モスクワ生まれ。グネーシン音楽大学とモスクワ音楽院でヴァイオリン、ヴィオラを学びんだ後、声楽に転向。1960年代から80年代にかけてボリショイ劇場のスター歌手として活躍。洗練された歌唱スタイルと深みのある美しい声で高い評価を獲得、ソ連政府から人民芸術家の称号を与えられている。

また、当時のロシア人歌手には珍しく、ミラノ・スカラ座やウィーン国立歌劇場、米国でも出演を重ね、「ヴァレンティナ・レフコ記念全ロシア声楽家コンクール」も創設されている。

写真:Bolshoi Theater


関連記事

  1. フィラデルフィア発 〓 フィラデルフィア管が「男性メンバーの燕尾服着用をやめる」

  2. パリ発 〓 国立オペラにまたストライキの嵐、《オイディプス王》の公演はコンサート形式による上演に変更

  3. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が《薔薇の騎士》を無料ストリーミング

  4. 訃報 〓 ヘルマン・クレバース(94)オランダのヴァイオリニスト、コンセルトヘボウ管弦楽団の名コンサートマスター

  5. 訃報 〓 ヘルムート・フロシャウアー(85)オーストリアの指揮者

  6. ローマ発 〓 レヴァイン、次はサンタ・チェチーリア国立アカデミー管

  7. バルセロナ発 〓 バルセロナ響の首席客演指揮者にポーランドのマルタ・ガルドリンスカ

  8. 訃報 〓 クラウディオ・シモーネ(83)イタリアの指揮者

  9. ライプツィヒ発 〓 市立オペラが新制作の《ローエングリン》でカタリーナ・ワーグナーの新演出を断念、コロナ禍でリセウ劇場との共同制作進まず

  10. サンフランシスコ発 〓 カリフォルニア州で再度のロックダウン、サンフランシスコ・オペラはドライブインシアター 「トスカ」を延期

  11. ザールブリュッケン発 〓 ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルの首席指揮者にジュゼップ・ポンス

  12. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが7月末までの公演をすべてキャンセル

  13. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ交響楽団との契約を延長

  14. ロンドン発 〓 ピアノのマレイ・ペライアが復帰、旧知のアカデミー室内管と共演

  15. パリ発 〓 ニコール・カー、エティエンヌ・デュピュイ夫妻がフリーのアーティストを支援するファンドを設立

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。