ミラノ発 〓 スカラ座博物館で巨匠演出家フランコ・ゼッフィレッリの回顧展がスタート

2022/11/09

ミラノ・スカラ座博物館で8日、「フランコ・ゼッフィレッリースカラ座の日々」展が幕を開けた。1923年2月12日で生誕100年となる不世出の演出家を振り返る大規模な回顧展で、8月31日までの開催。スケッチ、衣装、写真などの展示の他、一緒に仕事をしたアーティストやたちの証言も交えたフランチェスカ・モルテーニのドキュメンタリー映画も流される。

戦後の演劇界を代表するゼフィレッリはフィレンツェ生まれで、2019年6月15日に96歳で亡くなった。仕立て屋の息子としてフィレンツェの英国上流階級の人々のコミュニティで育ち、第二次大戦直後、進駐してきたスコットランドの連隊の通訳を務めた際、空襲で瓦礫の山となったスカラ座を目撃したのが演出家を志したきっかけという。

22歳で巨匠ルキノ・ヴィスコンティのスタッフとして演劇界に入り、その後、映画監督として活躍。映画の代表作に1968年の「ロミオとジュリエット」、半自伝的作品とされる1999年の「ムッソリーニとお茶を」があり、2002年には最後の作品「永遠のマリア・カラス」を制作している。

その一方、著名な歌劇場、音楽祭でオペラの演出の数多く手掛け、スカラ座だけでも、1953年の《アルジェリアのイタリア人》の衣装から、2006年の《アイーダ》まで、その数21に上る。マリア・カラスが出演したロッシーニ《イタリアのトルコ人》、ヘルベルト・フォン・カラヤンが指揮した《ラ・ボエーム》、カルロス・クライバーとの《オテロ》、ロリン・マゼールとの《トゥーランドット》やリッカルド・ムーティとの《ドン・カルロ》といった記念碑的な作品も多い。

写真:Teatro alla Scala / Brescia – Amisano


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表、カステルッチの新演出による《ニーベルングの指環》が登場

  2. 訃報 〓 リブシェ・ドマニーンスカ(96)チェコのソプラノ歌手

  3. ハンブルク発 〓 ハンブルク州立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  4. トリノ発 〓 RAI国立交響楽団がスペイン・ツアーを中止

  5. モントリオール発 〓 モントリオール響がロシアの若手ピアニストの出演をキャンセル、ウクライナ・コミュニティーと楽団員の反発で

  6. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2022年にワーグナー音楽祭、13の歌劇と楽劇を集中上演

  7. フィレンツェ発 〓 メータ夫妻がフィレンツェ歌劇場に100万ドル分の「テスラ社」の株式を寄付

  8. 香港発 〓 イップ・ウィンシーが香港シンフォニエッタを卒業!?

  9. トゥールーズ発 〓 キャピトル国立管が音楽監督を辞任したトゥガン・ソヒエフに「名誉指揮者」の称号

  10. パリ発 〓 トーマス・ヘンゲルブロックがパリ室内管の音楽監督に

  11. 訃報 〓 ハンス・ツェンダー(82)ドイツの指揮者、作曲家

  12. マドリッド発 〓 フランシスコ・アライサがソフィア王妃高等音楽院の声楽研究部門のトップに

  13. ルツェルン発 〓 アシュケナージが引退を表明

  14. ロサンゼルス発 〓 グラミー賞授賞式は3月に、アカデミー賞に続いて延期

  15. ストックホルム発 〓 ロイヤル・ストックホルム・フィルが聴衆なしの3回のコンサートを配信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。