ボン・ベートーヴェン・フェスティバル 〓 来年2021年のスケジュールを発表

2020/09/10

ボン・ベートーヴェン・フェスティバル(Beethovenfest Bonn)が来年2021年のスケジュールを発表した。今年の音楽祭は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止されている。来年の音楽祭の開幕は8月20日。ボンとその周辺の22の会場で合計54のイベントが計画されている。

来年のテーマは「復活」で、プログラムの中心に置かれるのは、ベートーヴェンの交響曲全曲演奏。開幕コンサートでジョルディ・サヴァール指揮のル・コンセール・デ・ナシオンが「第9」を取り上げる。

続いて、ミヒャエル・ボーダー指揮のウィーン放送交響楽団が1番と3番を、4番と6番をステファン・ゾルテス指揮のハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団が取り上げる。また、リスト編曲によるピアノ・ヴァージョンを、広瀬悦子やシプリアン・カツァリスが演奏する。

最後のコンサートは9月10日で、マーラーの交響曲第2番《復活》で音楽祭を締め括る。指揮はマキシム・パスカルで、オーケストラはマーラー室内管弦楽団。

現在の音楽祭は市政府ではなく、非営利の有限会社が1998年から改めてスタートさせたもの。2014年からは総裁をヴィーラント・ワーグナーの娘ニケ・ワーグナーが務めてきたが、2021年の音楽祭を最後に退任することが決まっている。

写真:Beethovenfest Bonn


    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. ハンブルク発 〓 第1回「ジェフリー・テイト」賞に若手ヴィオラ奏者のティモシー・リダウト

  2. リューベック発 〓 シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭も開催を中止

  3. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ベルリン発 〓 ドイツが過去最大規模の21億ユーロで文化支出を支援

  5. コブレンツ発 〓 指揮者ギャリー・ウォーカーが今シーズン限りでライン州立フィルハーモニー管の首席指揮者を退任

  6. ザルツブルク・モーツァルト週間 〓 ロバート・ウィルソン演出の《メサイア》で2020年の音楽祭が開幕

  7. リヒャルト・シュトラウス音楽祭 〓 アレクサンダー・リープライヒが芸術監督を辞任

  8. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスが無観客公演をストリーミング中継

  9. ザルツブルク音楽祭 〓 バルトリ、聖霊降臨祭音楽祭との契約を延長

  10. ベルリン発 〓 パク・キョンミンが韓国人として初めてベルリン・フィルに入団

  11. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演をキャンセル

  12. ブランデンブルク・アン・デア・ハーフェル発 〓 ブランデンブルク響の首席指揮者にオリヴィエ・タルディ

  13. シドニー発 〓 ハンダ・オペラが今年の公演を中止

  14. エクス=アン=プロヴァンス音楽祭 〓 2021年は6月30日の開幕、ラトルが《トリスタンとイゾルデ》を指揮

  15. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが駐車場で《ラインの黄金》を上演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。