ミラノ発 〓 スカラ座が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

2021/06/01

ミラノ・スカラ座(Teatro alla Scala)が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表した。恒例の12月7日の開幕を飾るのは、ヴェルディ《マクベス》。音楽監督のリッカルド・シャイーの指揮、アンナ・ネトレプコ他の出演。

スカラ座は2020/2021シーズンからドミニク・マイヤー(ウィーン国立歌劇場前総裁)を新総裁に迎えたが、新型コロナウイルスの世界的流行で活動が停止。マイヤーにとっては、2021/2022シーズンが実質的に最初のシーズンとなる。ラインナップは以下の通り。

12月7日ー12月29日
ヴェルディ《マクベス》= 新制作
指揮:リッカルド・シャイー
演出:ダヴィデ・リヴァモア
マクベス:ルカ・サルシ
バンクォー:イルダル・アブドラザコフ
マクベス夫人:アンナ・ネトレプコ / エレーナ・グーセワ
マクベス夫人の侍女:キアーラ・イゾットン
マクダフ:フランチェスコ・メーリ
マルカム:イヴァン・アヨン・リヴァス
侍医:アンドレア・ペッレグリーニ

2022年
1月18日ー2月2日
ベッリーニ 《カプレーティとモンテッキ》= 新制作
指揮:エヴェリーノ・ピド
演出:エイドリアン・ノーブル
ロメオ:マリアンヌ・クレバッサ
ジュリエッタ:リセッテ・オロペサ
テバルド:ルネ・バルベラ
ロレンツォ:ミケーレ・ペルトゥージ
カペッリオ:ジョンミン・パク

2月10日ー3月2日
マスネ《タイース》= 新制作
指揮:ロレンツォ・ヴィオッティ
演出:オリヴィエ・ピィ
タイース:マリーナ・レベカ
アタナエル:リュドヴィク・テジエ
ニシアス:フランチェスコ・デムーロ
クロビル:カサンドル・ベルトン

2月23日ー3月15日
チャイコフスキー《スペードの女王》= 新制作
指揮:ワレリー・ゲルギエフ
演出:マティウス・ハルトマン
ゲルマン:ナジミディン・マヴリャーノフ
トムスキー伯爵:ロマン・ブルデンコ
エレツキー公爵:アレクセイ・マルコフ
チェカリンスキー:エフゲニー・ アキーモフ
伯爵夫人:オルガ・ボロディナ
リーザ:アスミク・グリゴリアン / エレーナ・グーセワ
ポリーナ:エレーナ・マクシモワ

3月4日ー3月19日
チレア《アドリアーナ・ルクヴルール》= ロイヤル・オペラなどとの共同制作
指揮:ジャンパオロ・ビサンティ
演出:デイヴィッド・マクヴィカー
マウリツィオ:フレディ・デ・トマーゾ / ユシフ・エイヴァゾフ
ブイヨン公爵:アレッサンドロ・スピーナ
ミショネ:アレッサンドロ・コルベッリ / アンブロージョ・マエストリ
アドリアーナ・ルクヴルール:マリア・アグレスタ / アンナ・ネトレプコ
ブイヨン公妃:アニタ・ラチヴェリシュヴィリ / エレーナ・ツィトコーワ

3月27日ー4月12日
モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》= 再演
指揮:パブロ・エラス=カサド
演出:ロバート・カーセン
ドン・ジョヴァンニ:クリストファー・モルトマン
騎士団管区長:ギュンター・グロイスベック / ジョンミン・パク
ドンナ・アンナ:ハンナ=エリーザベト・ミュラー
ドン・オッターヴィオ:ベルナール・リヒター
ドンナ・エルヴィーラ:エミリー・ダンジェロ
レポレッロ:アレックス・エスポージト
ツェルリーナ:アンドレア・キャロル
マゼット:ファビオ・カピタヌッチ

4月15日ー5月3日
リヒャルト・シュトラウス《ナクソス島のアリアドネ》= ザルツブルク音楽祭などとの共同制作
指揮:ミヒャエル・ボーダー
演出:スヴェン=エリック・ ベヒトルフ
音楽教師:マルクス・ヴェルバ
作曲家:ソフィー・コッホ
テノール/バッカス:ステファン・グールド
舞踏教師:ノルベルト・エルンスト
ツェルビネッタ:エリン・モーリー
プリマドンナ/アリアドネ:クラッシミラ・ストヤノヴァ
エコー:オルガ・ベズメルトナ

5月4日ー5月22日
ヴェルディ《仮面舞踏会》= 新制作
指揮:リッカルド・シャイー
演出:マルコ・アルトゥーロ・マレッリ
リッカルド:フランチェスコ・メーリ
アメーリア:ソンドラ・ラドヴァノフスキー
レナート:ルカ・サルシ
ウルリカ:ユリア・マトーチュキナ / レーハン・ブライス=デイヴィス
オスカル:フェデリカ・グイダ
シルヴァーノ:リヴュー・ホレンダー
サムエル:ソリン・コリバーン
トム:ジョンミン・パク

6月7日ー6月25日
ポンキエッリ《ラ・ジョコンダ》= 新制作
指揮:フレデリック・シャスラン
演出:ダヴィデ・リヴァモア
ジョコンダ:ソーニャ・ヨンチェヴァ
ラウラ:ダニエラ・バルチェローナ
アルヴィーゼ・バドエロ:アーウィン・シュロット
チェーカ:ユディット・クタージ
エンツォ・グリマルド:ファビオ・サルトーリ
バルナバ:ロベルト・フロンターリ
ズアーネ:ファブリツィオ・ベッジ

6月20日ー7月11日
ヴェルディ《リゴレット》= 新制作
指揮:ミケーレ・ガンバ
演出:マリオ・マルトーネ
マントヴァ公爵:ピエロ・プレッティ
リゴレット:アマルトゥブシン・エンクバット
ジルダ:ナディーン・シエラ
スパラフチーレ:ジャンルカ・ブラット
マッダレーナ:マリーナ・ヴィオッティ

9月7日ー9月22日
チマローザ《秘密の結婚》= 新制作
指揮:オッターヴィオ・ダントーネ
演出:イリーナ ブルック

10月15日ー11月3日
ジョルダーノ《フェドーラ》= 新制作
指揮:マルコ・アルミリアート
演出:マリオ・マルトーネ
皇女フェドーラ:ソーニャ・ヨンチェヴァ
スカレフ伯爵夫人:マリアンジェラ・シシーリア
イパノフ伯爵:ロベルト・アラーニャ / ファビオ・サルトーリ
デ・シリュウ:ジョルジュ・ペテアン

11月5日ー11月18日
トーマス・アデス《テンペスト》= メトロポリタン歌劇場との共同制作
指揮:トーマス・アデス
演出:ロベール・ルパージュ
プロスペロー:レイ・メルローズ
エアリエル:オードリー・ルーナ
キャリバン:フレデリック・アントゥーン
ミランダ:イザベル・レナード
ファーディナンド:ジョシュ・ラヴェル
アロンゾー:トビー・スペンス
アントーニオ:ロバート・マレー
セバスチャン:ポール・グラント

写真:Teatro alla Scala


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ボストン発 〓 タングルウッド音楽祭も開催中止を発表

  2. モントリオール発 〓 テノールのベン・ヘップナーがラジオのパーソナリティーからの“卒業”を表明、メディア・プレゼンターに転身

  3. ミラノ発 〓 クリスティアン・ティーレマンが代役で久々にスカラ・フィルの指揮台に

  4. 東京発 〓 紀尾井ホール室内管弦楽団の次期首席指揮者にトレヴァー・ピノック

  5. パリ発 〓 長引くスト、国立オペラの《セビリアの理髪師》も上演中止

  6. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  7. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルの首席客演指揮者にマーク・エルダー

  8. 上海発 〓 第3回「上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクール」の本選はオンライン審査へ

  9. トリノ発 〓 RAI国立交響楽団がスペイン・ツアーを中止

  10. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  11. ミラノ発 〓 スカラ座が恒例の12月7日の開幕を断念

  12. ヴィースバーデン発 〓 ドイツのヘッセン州政府が4月初めまでの州立劇場閉鎖を発表

  13. プラハ発 〓 チェコの国民劇場が新制作の《ドン・ジョヴァンニ》をライブ・ストリーミング

  14. 東京発 〓 東京都交響楽団が歴代指揮者との名演奏をYouTubeで配信

  15. パリ発 〓 パリ国立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。