ニューヨーク発 〓 シカゴ響のストライキへの支援の輪広がる

2019/04/13

シカゴ交響楽団の楽団員によるストライキが3月11日に始まってから1ヵ月。交渉妥結の目途はまだ立っていない。11日になって、ボストン交響楽団の楽団員が15,000ドルの支援金を送ったことが明らかになった。メジャー・オーケストラとしては、サンフランシスコ交響楽団に続く動き。また、12日午後、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場のオーケストラのメンバーたちが「リンカーン・センター」の真向かいにある「ダンテ・パーク」でストライキを支援するため野外コンサートを行った。参加したのは、メトロポリタン歌劇場、ニューヨーク・フィルハーモニック、ニューヨーク・シティバレエの音楽家たち30人。指揮はジョセフ・アレッシー。シカゴ交響楽団からはフルート奏者のエマ・ゲルスタインが駆け付け、スピーチを行った。

写真:Musicians of the Chicago Symphony Orchestra


関連記事

  1. モントルー・ヴヴェイ9月音楽祭 〓 アルゲリッチがデュトワに助け船

  2. シカゴ発 〓 シカゴ響がムーティとの契約を延長

  3. プラハ発 〓 チェコ・フィルの首席指揮者にビシュコフが就任

  4. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルがティーレマンの指揮でブルックナーの交響曲全曲演奏

  5. ローマ発 〓 ゼフィレッリ、96歳になる2020年に《リゴレット》を演出へ

  6. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はネルソンス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。