ウィーン発 〓 国立歌劇場管のヴィオラ・セクションのトップにポーランド出身のポプラウスキー

2019/03/21

ウィーン国立歌劇場管弦楽団のオーディションが行われ、空席だったヴィオラ・セクションのトップが決まった。ハインリヒ・コル(Heinrich・Koll)の後任で、選ばれたのは、試用期間が終わったポーランド出身のバルナバ・ヤン・ポプラウスキー(Barnaba Jan Poprawski)。入団は9月から。1984年、クラクフの生まれ。ポーランドで学んだ後、シュトゥットガルト、ウィーンで研鑽を積んだ。マーラー・チェンバー・オーケストラ、ザルツブルクのモーツァルテウム管弦楽団、シンフォニア・ヴァルソビアなどで活動している。

写真:Gottfried kraft / Schloss Pragstein


関連記事

  1. テルアビブ発 〓 メータがイスラエル・フィルと“さよならコンサート”

  2. ロンドン発 〓 テノールのキム・ベグリーがオペラからの引退を発表

  3. ローマ発 〓 映画音楽の大御所モリコーネが引退?

  4. 北京発 〓 ピアノの一斉演奏でギネス記録を更新

  5. ベルファスト発 〓 アルスター管が次期首席指揮者にダニエレ・ルスティオーニ

  6. ストックホルム発 〓 今年の“ノーベル賞の指揮者”にフィンランドのダリア・スタセヴスカ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。