モスクワ発 〓 チャイコフスキー国際コンクールの「木管楽器部門」の審査員決まる

2019/01/07
【最終更新日】2019/01/08

今年から新設されるチャイコフスキー国際コンクール(International Tchaikovsky Competition)の「木管楽器部門=woodwind」の審査員が発表された。今年行われるコンクールの、全体の委員長は指揮者のワレリー・ゲルギエフ。「木管楽器部門」の審査委員長はロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団の首席フルート、デニス・ブリアコフ(Denis Bouriakov)で、審査員は以下のメンバー。

 ボリス・アラフヴェルディアン(ロサンゼルス・フィル首席クラリネット)
 ホイットニー・クロケット(ロサンゼルス・フィル首席ファゴット)
 ユージン・イゾトフ(サンフランシスコ交響楽団首席オーボエ)
 ダニエル・マツカワ(フィラデルフィア管弦楽団首席ファゴット)
 アレクセイ・オグリンチュク(ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団首席オーボエ)
 カール=ハインツ・シュッツ(ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団首席フルート)
 スティーヴン・ウィリアムソン(シカゴ交響楽団の首席クラリネット)
 ジャック・ズーン(元ボストン交響楽団首席フルート)


チャイコフスキー国際コンクールは1958年の創設。モスクワで開催され、エリザベート王妃国際音楽コンクール、ショパン国際ピアノコンクールと並ぶ、世界三大コンクールの一つと言われ、世界的に最も権威のあるコンクールの一つ。創設時はピアノとヴァイオリン部門だけだったが、1962年開催の第2回から「チェロ部門」が、1966年から「声楽部門」が、1990年からヴァイオリンの製作技術を競う「ヴァイオリン製作者部門」が設けられている。基本的には4年に一度行われており、2019年の第16回は7月17日から29日に行われる予定。

写真:International Tchaikovsky Competition


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 サカリ・オラモがBBC交響楽団との契約を2022年まで延長

  2. ストックホルム発 〓 ヴァイオリンのアンネ=ゾフィー・ムターに「ポーラー音楽賞」

  3. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  4. プラハ発 〓 プラハ国民劇場が次期芸術監督にノルウェー国立オペラの前芸術監督を招聘

  5. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  6. ストラスブール発 〓 「ARTE Con​​cert」がネット上にオペラハウス?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。