ロンドン発 〓 サイモン・キーンリーサイドにナイトの称号

2019/02/09

バリトンのサイモン・キーンリーサイド(Simon Keenlyside)に7日、ナイトの称号が贈られた。キーンリーサイドは1959年、ロンドン生まれ。祖父も父親もヴァイオリニストという家庭に育ち、少年時代からケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジの合唱団で活動。ケンブリッジ大学で動物学を学び、マンチェスターにある王立ノーザン音楽大学で声楽を学んだ。1988年にハンブルク州立歌劇場の《フィガロの結婚》でアルマヴィーヴァ伯爵を歌ってプロ・デビュー。その後、国際的な活動が続いている。

写真:Clarence House


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. クラスノヤルスク発 〓 空港にバリトンのホフストフスキーの名前

  2. パリ発 〓 イル・ド・フランス国立管弦楽団が楽譜代わりにiPad

  3. モスクワ発 〓 人気ソプラノのアイーダ・ガリフッリーナが料理本を出版

  4. サンフランシスコ発 〓 エサ=ペッカ・サロネンはサンフランシスコ響の音楽監督に

  5. クラスノヤルスク発 〓 トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール創設へ

  6. 東京発 〓 クス・カルテットが日本音楽財団の「パガニーニ・クァルテット」使って演奏会

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。