ザルツブルク音楽祭 〓 2019年から「キューネ財団」が最大のスポンサーに

2018/08/25

ザルツブルク音楽祭は23日、記者会見を開き、「キューネ財団」との間で、2019年から当面3年間にわたるスポンサー契約を結んだことを発表した。「キューネ財団」は1976年、スイスに本社を置く海運・物流の世界的企業「キューネ&ナーゲル」社の創設者の一人で大株主のクラウス=ミヒャエル・キューネ氏が設立した財団。教育や医療分野への世界的支援で知られる。音楽祭に関しては既に2013年から、音楽祭の「若い歌手のためのプロジェクト」に協力してきたが、さらに支援を強化することになった。音楽祭の大口スポンサーには、ネスレ、アウディ、シーメンス、ロレックスがいるが、来年からは「キューネ財団」が音楽祭全体の最大のスポンサーとなる。新規の音楽祭のスポンサーについては20社を超える申し込みが寄せられていた。「キューネ財団」との提携を選んだことについてラーブル=シュタドラー総裁は会見で、「商品露出などのリターンを求められない、経営陣の交代による提携解消などのリスクがなく、長く続ける必要のある活動を支援してもらえる」といったメリットを上げ、「見えないところを支援してもらえる」ことを強調した。

写真:Around the Music Festival

    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. ロサンゼルス発 〓 首席オーボエ奏者のオルテガ=クエロが就任早々にロサンゼルス・フィルを退団

  2. ヴェルビエ・フェスティバル 〓 25周年記念ガラに世界的なアーティスト30人が集結

  3. 訃報 〓 ロシアのバス歌手、マキシム・ミハイロフ

  4. マドリード発 〓 サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルのホールが「テレサ・ベルガンサ・オーディトリアム」に

  5. ストックホルム発 〓 2018年の「ビルギット・ニルソン賞」はシュテンメに

  6. バルセロナ発 〓 カタリーナ・ワーグナーがリセウ劇場《ローエングリン》を演出

  7. 金沢発 〓 オーケストラ・アンサンブル金沢の新しい音楽監督にミンコフスキ

  8. ローマ発 〓 ダニエレ・ガッティがローマ歌劇場の《リゴレット》を指揮

  9. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  10. リガ発 〓 「オペラ・ヴィジョン」がラトビア国立歌劇場の《さまよえるオランダ人》を配信

  11. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  12. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場が2018/2019シーズンのラインナップ発表

  13. デトロイト発 〓 フォード・コレクションがストラディバリウス「ルージュモン」をデトロイト交響楽団に貸与

  14. パリ発 〓 デュトワの復帰、波高し

  15. パリ発 〓 イル・ド・フランス国立管弦楽団が楽譜代わりにiPad

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。