ザルツブルク音楽祭 〓 2019年から「キューネ財団」が最大のスポンサーに

2018/08/25

ザルツブルク音楽祭は23日、記者会見を開き、「キューネ財団」との間で、2019年から当面3年間にわたるスポンサー契約を結んだことを発表した。「キューネ財団」は1976年、スイスに本社を置く海運・物流の世界的企業「キューネ&ナーゲル」社の創設者の一人で大株主のクラウス=ミヒャエル・キューネ氏が設立した財団。教育や医療分野への世界的支援で知られる。音楽祭に関しては既に2013年から、音楽祭の「若い歌手のためのプロジェクト」に協力してきたが、さらに支援を強化することになった。音楽祭の大口スポンサーには、ネスレ、アウディ、シーメンス、ロレックスがいるが、来年からは「キューネ財団」が音楽祭全体の最大のスポンサーとなる。新規の音楽祭のスポンサーについては20社を超える申し込みが寄せられていた。「キューネ財団」との提携を選んだことについてラーブル=シュタドラー総裁は会見で、「商品露出などのリターンを求められない、経営陣の交代による提携解消などのリスクがなく、長く続ける必要のある活動を支援してもらえる」といったメリットを上げ、「見えないところを支援してもらえる」ことを強調した。

写真:Around the Music Festival

    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 フランスの指揮者ジャン=クロード・マルゴワールが死去

  2. バイロイト音楽祭 〓 新作《ローエングリン》をライブ・ストリーミングで配信

  3. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  4. ベルリン音楽祭 〓 2018年の音楽祭のプログラムを発表

  5. バイロイト音楽祭 〓 2019年のスケジュールを発表

  6. METサマーHDフェスティバル 〓 この夏のラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。