ミュンヘン発 〓 グルベローヴァがバイエルン州立歌劇場に別れ

2019/03/21

バイエルン州立歌劇場で20日、ソプラノのエディタ・グルベローヴァ(Edita Gruberová)が出演するドニゼッティ《ロベルト・デヴリュー》の公演が幕を開けた。この公演を最後に州立歌劇場に別れを告げるという。公演は23日、27日にも行われる。州立劇場デビューは1974年11月23日。この時は、当たり役として知られるモーツァルト《魔笛》の夜の女王の役を歌っている。グルベローヴァは1946年、スロバキア(当時はチェコスロバキア)のブラチスラヴァ生まれの72歳。

写真:Bayerische Staatsoper


関連記事

  1. パリ発 〓 国立オペラ総裁の後任選びで面接!?

  2. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルがバレンボイムに名誉指揮者の称号

  3. ケルン発 〓 ギュルツェニヒ管弦楽団が音楽監督フランソワ=グザヴィエ・ロトとの契約を延長

  4. 浜松発 〓 若手演奏家のためのピアノ・アカデミー再スタートへ

  5. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はネルソンス

  6. パリ発 〓 デュトワの復帰、波高し

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。