ウィーン発 〓 ヤンソンスがウィーン・フィルハーモニーの名誉団員に

2018/06/07

ラトビア出身の指揮者マリス・ヤンソンスにウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の名誉団員に選出され、5日に授与式が行われた。ヤンソンスは1992年4月に初めてウィーン・フィルを指揮。その後、2006年、2012年、2016年の3回のニューイヤー・コンサートを含め、ウィーン・フィルを110回指揮している。名誉団員はリヒャルト・シュトラウス、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーといった作曲家や指揮者、歌手など50人を超え、日本人では小澤征爾が唯一、2010年に選ばれている。

写真:Mariss Jansons / Peter Meisel

関連記事

  1. リガ発 〓 「オペラ・ヴィジョン」がラトビア国立歌劇場の《さまよえるオランダ人》を配信

  2. テルアビブ発 〓 ワーグナーの音楽を放送したラジオ局が謝罪

  3. チューリヒ発 〓 チューリヒ歌劇場が2018/2019シーズンのスケジュールを発表

  4. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場、2018/19シーズン・ラインナップを発表

  5. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の次期音楽監督にアンドレイ・ボレイコ

  6. エカテリンブルク発 〓 オペラ・バレエ劇場の首席指揮者にコンスタンチン・チュドノフスキー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。