ウィーン発 〓 ヤンソンスがウィーン・フィルハーモニーの名誉団員に

2018/06/07

ラトビア出身の指揮者マリス・ヤンソンスにウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の名誉団員に選出され、5日に授与式が行われた。ヤンソンスは1992年4月に初めてウィーン・フィルを指揮。その後、2006年、2012年、2016年の3回のニューイヤー・コンサートを含め、ウィーン・フィルを110回指揮している。名誉団員はリヒャルト・シュトラウス、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーといった作曲家や指揮者、歌手など50人を超え、日本人では小澤征爾が唯一、2010年に選ばれている。

写真:Mariss Jansons / Peter Meisel

関連記事

  1. ワシントン発 〓 ナショナル交響楽団がジャナンドレア・ノセダとの契約を延長

  2. グラーツ発 〓 オクサーナ・リーニフが劇場との契約を延長せず

  3. パリ発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンが「レジオンドヌール勲章」を受章

  4. アントワープ発 〓 香港出身のエリム・チャンがアントワープ交響楽団の音楽監督に

  5. ハンブルク発 〓 ドイツ・グラモフォンが史上初めて女性指揮者と専属契約

  6. フランクフルト発 〓 フランクフルト歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。