ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場、セクハラ問題でレヴァインを解雇

2018/03/14
【最終更新日】2018/03/28

ニューヨークのメトロポリタン歌劇場は12日、セクハラ疑惑が浮上していた指揮者で名誉音楽監督のジェームズ・レヴァイン(James Levine)を解雇し、関係を断つとの声明を発表した。

レヴァインのセクハラ疑惑については昨年2017年12月2日、40代男性が前年の2016年にレヴァインを性的虐待でイリノイ州警察に告発していたとニューヨーク・タイムスが報道。15歳だった1985年から数年間にわたり、性器を触られたり、自慰行為を強要されるなどの性的虐待を受け、男性が自殺を考えるほど悩んでいたと報じた。これを受けて、歌劇場は昨年12月からレヴァインの出演を停止。出演を見合わる動きはヴェルビエ音楽祭などにも広がっていた。

その後、さらに1960-1980年代に3人の青年に対するセクハラ疑惑も浮上。歌劇場は「ユナボマー」が起こした連続郵便小包爆弾事件を扱った連邦検事のロバート・J・クリアリーを招いて調査を行っていた。12日の声明では、音楽監督在任中の複数の疑惑について「信ずるに足る証拠」が見つかったとしている。イリノイ州の男性についてはイリノイ州警察が12日、当時の男性の年齢から起訴しない方針を明らかにした。

レヴァインは1943年、米国シンシナティ生まれの74歳。1970年にフィラデルフィア管弦楽団の客演指揮者として指揮者デビュー、1971年初めてメトロポリタン歌劇場の公演を指揮して大成功を収め、1975年に音楽監督、1986年には芸術監督に就任。以来、約40年にわたって音楽監督を続け、2015/16シーズン末にパーキンソン病のため退任した後も名誉音楽監督として指揮を続けていた。


    音楽祭情報はこちら ▷

関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 レヴァイン、契約違反と名誉毀損でメトロポリタン歌劇場を提訴

  2. ロンドン発 〓 グラモフォン・アワード2018決定

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  4. 大阪発 〓 大阪フィルを指揮して、デュトワが日本の音楽シーンに復帰

  5. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場(ゼンパーオパー)、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  6. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管弦楽団のヴィオラの首席奏者にキム・サラ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。