ナポリ発 〓 サンカルロ劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

2018/06/23
【最終更新日】2018/08/21

ナポリのサンカルロ劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表した。2016/2017シーズンから音楽監督を務めるユライ・ヴァルチュハは1976年、スロバキア・ブラチスラヴァ生まれ。2009年から2016年まで、RAI国立交響楽団の首席指揮者を務めていた。開幕を飾るのは、巨匠リッカルド・ムーティ指揮のモーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》。演出はキアラ・ムーティと、親子共演。オペラ公演以外とは別に、ヴァルチュハの指揮でヴェルディのレクイエム(エレオノーラ・ブラット、ヴェロニカ・シメオーニ、アントニオ・ポーリ、リッカルド・ザネッラート出演)、歌劇場管弦楽団とマリエッラ・デヴィーアによるアリア・コンサート、佐渡裕がブルックナーの交響曲第4番《ロマンティック》を指揮する演奏会なども予定されている。

モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》
2018年:11月25日ー12月2日
指揮:リッカルド・ムーティ
演出:キアラ・ムーティ

ヤナーチェク《カーチャ・カバノヴァー》
2018年:12月15日ー20日
指揮:ユライ・ヴァルチュハ
演出:ヴィリー・デッカー

プッチーニ《ラ・ボエーム》
2019年:1月16日ー22日
指揮:アレッサンドロ・パルンボ
演出:フランチェスコ・サポナーロ

ガーシュイン《レディ・ビ・グッド》
2019年:2月3日ー9日
指揮:ニック・デイヴィス
演出:エミリオ・サージ

ヴェルディ《仮面舞踏会》
2019年:2月22日ー28日
指揮:ドナート・レンツェッティ
演出:レレオ・ムスカート

オッフェンバック《ホフマン物語》
2019年:3月17日ー24日
指揮:ピンカス・スタインバーグ
演出:ロラン・ペリー

プッチーニ《蝶々夫人》
2019年:4月16日ー20日 & 5月25日ー6月1日
指揮:ガブリエレ・フェッロ
演出:フェルザン・オズペテク

ワーグナー《ワルキューレ》
2019年:5月11日ー18日
指揮:ユライ・ヴァルチュハ
演出:フェデリコ・ティエッツィ

マスカーニ《カヴァレリア・ルスティカーナ》
2019年:7月6日ー14日
指揮:ユライ・ヴァルチュハ
演出:ピッポ・デルボノ

ヴェルディ《椿姫》
2019年:9月20日ー10月5日
指揮:ステファーノ・ランザーニ
演出:ローレンツォ・アマート

ロッシーニ 《エルミオーネ》
2019年:11月7日ー12日
指揮:アレッサンドロ ・デ・マルキ
演出:Jacopo Spirei

レオンカヴァッロ《道化師》
2019年:11月20日ー26日
指揮:ジョルディ・ベルナセール
演出:ダニエル・フィンジ・パスカ


    詳細はこちら ▷

関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 ラン・ランが音楽教育に500万ドルの寄付

  2. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管弦楽団のヴィオラの首席奏者にキム・サラ

  3. 東京発 〓 カラスのドキュメンタリー作品「私は、マリア・カラス」12月から日本で公開

  4. 訃報 〓 アンナー・ビルスマ, オランダのチェロ奏者

  5. 訃報 〓 指揮者のヘスス・ロペス・コボス死去

  6. バイロイト音楽祭 〓 アラーニャが《ローエングリン》を降板

  7. シカゴ発 〓 ムーティーが労働協約めぐり楽団員を擁護

  8. ザルツブルク発 〓 州立劇場の首席指揮者にスリランカ生まれのレスリー・スガナンダラージャ

  9. ロンドン発 〓 サントリーホールの30周年記念委嘱作品に音楽賞

  10. パリ発 〓 サウジアラビアの国立オペラ創設をフランスが支援

  11. ブダペスト発 〓 復帰進むデュトワが《青ひげ公の城》を指揮

  12. マドリード発 〓 テアトロ・レアルが2018/2019シーズンのラインナップ発表

  13. アムステルダム発 〓 ホルンのケイティ・ウーリーがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席奏者に

  14. ミラノ発 〓 クリストフ・フォン・ドホナーニ、復活もまたキャンセル

  15. パリ発 〓 デュトワの復帰、波高し

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。