訃報 〓 ドミニク・アルジェント, 米国の作曲家

2019/02/23

米国の作曲家ドミニク・アルジェント(Dominick Argento)が20日、ミネアポリスで亡くなった。91歳だった。《モロッコからの葉書》、《ミス・アヴィシャムの火》、《天使の仮面》といった英語のためのオペラ、コーラス、アートソングなどの声楽作品を数多く手掛けた。1957年のソプラノとピアノのための《6つのエリザベス朝の曲》も知られ、声楽作品集《ヴァージニア・ウルフの日記から》は1975年のピューリッツァー賞を受賞した。また、メゾ・ソプラノのフレデリカ・フォン・シュターデの独唱、大植英次指揮のミネソタ管弦楽団によって録音された《カサ・グイディ》が2004年のグラミー賞を受賞している。1927年、ペンシルバニア州のヨーク生まれ。ピーポディ音楽院で博士号と修士号を取得し、ミネアポリスを拠点に作曲活動を展開。ミネソタ大学音楽学部の教授も長く務めた。

写真:Pulitzer Prize / Joel Larson





関連記事

  1. 訃報 〓 世界的ヴィオラ奏者のマイケル・トゥリーが死去

  2. 訃報 〓 イタリアのテノール歌手、ウンベルト・ボルソ

  3. ドレスデン発 〓 ドミンゴがザクセン州立歌劇場にデビュー

  4. 訃報 〓 イェルク・デームス, オーストリアのピアニスト

  5. プラハ発 〓 チェコ・フィルの首席指揮者にビシュコフが就任

  6. 香港発 〓 香港フィルがズヴェーデン指揮のマーラーを200ドルで

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。