訃報 〓 ラドゥ・ルプー, ルーマニア出身のピアニスト

2022/04/19

ルーマニア出身の世界的ピアニストのラドゥ・ルプー(Radu Lupu)が17日、スイスのローザンヌで亡くなった。76歳だった。内省的で繊細な音楽づくり、淡々としていながらテクニックに裏付けられた多彩な音色を駆使した詩的かつエレガントな演奏を展開、多くのファンを魅了した。

1945年、ルーマニア東部ガラツィの生まれ。ブカレスト音楽院に進み、ディヌ・リパッティを指導したフロリカ・ムジチェスクに学び、1960年から1968年まで旧ソ連のモスクワ音楽院に留学してスタニスラフ・ネイガウスらに師事した。

1966年の第2回「ヴァン・クライバーン国際コンクール」、1967年の「エネスコ国際コンクール」で優勝。1969年の「リーズ国際ピアノ・コンクール」で優勝し、直後のロンドン・デビュー時にデイリー・テレグラフ紙で「千人に一人のリリシスト」と評された。その後、英国を拠点に国際的な演奏活動を展開した。

ベートーヴェン、ブラームス、グリーグ、モーツァルト、シューベルト、シューマンを得意とし、数多くの録音が残されている。グラミー賞には2度ノミネートされ、1996年にシューベルトのピアノ・ソナタ2曲のアルバムで受賞している。1993年以降は一切の録音や放送収録、インタビューを拒み、この数年は体調不良によるキャンセルが増え、2018/2019シーズン終了をもって演奏活動から引退ていた。

写真:Matthias Creutziger





関連記事

  1. パリ発 〓 パリ国立オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  2. カルガリー発 〓 カルガリー・フィルも楽団員84人全員を一時解雇

  3. コペンハーゲン発 〓 デンマーク王立オペラの首席指揮者にフランスの若手マリー・ジャコー

  4. ローマ発 〓 イタリア政府、非常事態宣言を4月末まで延長

  5. リューベック発 〓 リューベック歌劇場の音楽総監督にシュテファン・ヴラダー

  6. ロンドン発 〓 英国の音楽家予約サイトの調査で「音楽を辞めることを考えている」64%

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」は2022年も中止決まる、新型コロナの収束見通せず

  8. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラの次期音楽監督にポーランドの指揮者マルタ・ガルドリンスカ

  9. ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

  10. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  11. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ5月音楽祭も中止

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2022年の「オーパンバル」開催を憂慮、新型コロナウイルスの感染再拡大受けて

  13. デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居を博物館に

  14. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア音楽院が東洋人の学生のレッスンを停止

  15. マイアミ発 〓 マイアミ響が音楽監督のエドゥアルド・マルトゥレとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。