訃報 〓 フランツ・マズラ, オーストリアのバス・バリトン歌手

2020/01/25

オーストリアのバス・バリトン歌手フランツ・マズラ(Franz Mazura)が23日、ドイツ・マンハイムの自宅で95歳で亡くなった。ウィーン国立歌劇場やメトロポリタン歌劇場、パリ国立オペラなど国際的な舞台で活躍。1980年には「宮廷歌手」の称号を贈られている。昨年の4月には、ダニエル・バレンボイムが指揮するベルリン州立歌劇場の《ニュルンベルクのマイスタージンガー》でハンス・シュワルツの役を演じ、公演中に95歳の誕生日を迎えていた。

マズラはオーストリア・ザルツブルクの生まれで、ドイツ・デトモルトの音楽アカデミーで学んだ後、1​​949年にカッセル州立劇場で歌手デビューした。その後、マインツ市立劇場とブラウンシュヴァイク州立劇場を経て、1964年から1987年までマンハイム国立劇場のメンバー。1980年にニューヨーク・メトロポリタン歌劇場にベルクの《ルル》のシェーン博士を歌ってデビュー、その後も《パルシファル》や《ニーベルングの指環》を含むワーグナー作品で出演を重ねた。

また、著名な音楽祭への出演も多く、1975年から1995年までドイツ・バイロイト音楽祭には定期的に出演。《パルシファル》のクリングソール、《タンホイザー》のビテロルフ、《トリスタンとイゾルデ》でマルケ王などの役を演じた。また、ザルツブルク音楽祭では、《フィデリオ》のドン・ピサロ、《トスカ》のスカルピア、《サロメ》のヨカナーンの役を演じている。録音への参加も多数。

写真:Manfred Rinderspacher


関連記事

  1. テルアビブ発 〓 イスラエル・フィルの弦楽セクションが若返り

  2. ハンブルク発 〓 第1回「ジェフリー・テイト」賞に若手ヴィオラ奏者のティモシー・リダウト

  3. 訃報 〓 ギヤ・カンチェリ, ジョージア出身の作曲家

  4. ノールショピング発 〓 ノールショピング交響楽団の首席指揮者兼芸術顧問にカール・ハインツ・シュテフェンス

  5. 訃報 〓 ラドミル・エリシュカ, チェコの指揮者

  6. 訃報 〓 レイモンド・レッパード, 英国の指揮者

  7. バッファロー発 〓 ジョアン・ファレッタがバッファロー・フィルとの契約を延長

  8. ザルツブルク発 〓 ハイティンクがウィーン・フィルの名誉会員に

  9. ブダペスト発 〓 イシュトヴァーン・ヴァルダイがフランツ・リスト室内管の芸術監督に

  10. ウィーン発 〓 作曲家ジョン・ウィリアムズがついにウィーン・フィルを指揮

  11. ヴェッセルビューレン発 〓 五嶋みどりに「ブラームス賞」

  12. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管のコンサートマスターにアンドレア・オビソ

  13. リンツ発 〓 州立劇場の首席指揮者にイングマール・ベック

  14. パリ発 〓 ゼネスト、パリ国立オペラを直撃

  15. マプト発 〓 女性オーボエ奏者がモザンビークの文化観光大臣に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。