訃報 〓 フランツ・マズラ, オーストリアのバス・バリトン歌手

2020/01/25

オーストリアのバス・バリトン歌手フランツ・マズラ(Franz Mazura)が23日、ドイツ・マンハイムの自宅で95歳で亡くなった。ウィーン国立歌劇場やメトロポリタン歌劇場、パリ国立オペラなど国際的な舞台で活躍。1980年には「宮廷歌手」の称号を贈られている。昨年の4月には、ダニエル・バレンボイムが指揮するベルリン州立歌劇場の《ニュルンベルクのマイスタージンガー》でハンス・シュワルツの役を演じ、公演中に95歳の誕生日を迎えていた。

マズラはオーストリア・ザルツブルクの生まれで、ドイツ・デトモルトの音楽アカデミーで学んだ後、1​​949年にカッセル州立劇場で歌手デビューした。その後、マインツ市立劇場とブラウンシュヴァイク州立劇場を経て、1964年から1987年までマンハイム国立劇場のメンバー。1980年にニューヨーク・メトロポリタン歌劇場にベルクの《ルル》のシェーン博士を歌ってデビュー、その後も《パルシファル》や《ニーベルングの指環》を含むワーグナー作品で出演を重ねた。

また、著名な音楽祭への出演も多く、1975年から1995年までドイツ・バイロイト音楽祭には定期的に出演。《パルシファル》のクリングソール、《タンホイザー》のビテロルフ、《トリスタンとイゾルデ》でマルケ王などの役を演じた。また、ザルツブルク音楽祭では、《フィデリオ》のドン・ピサロ、《トスカ》のスカルピア、《サロメ》のヨカナーンの役を演じている。録音への参加も多数。

写真:Manfred Rinderspacher


関連記事

  1. リヨン発 〓 リヨン国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  2. フィラデルフィア発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがフィラデルフィア管の首席客演指揮者に

  3. ミュンヘン発 〓 2021年の「ゲーテ・メダル」が作曲家の細川俊夫らに

  4. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  5. 札幌発 〓 指揮者のマティアス・バーメルトが札響との契約を延長

  6. 訃報 〓 アレクサンドル・ブズロフ, ロシアのチェロ奏者

  7. 訃報 〓 エライジャ・モシンスキー, オーストラリアの演出家

  8. 訃報 〓 アンドレア・ギオー, フランスのソプラノ歌手

  9. ワイマール発 〓 演出家のアンドレア・モーゼスがワイマール国民劇場のオペラ監督に

  10. バーデン=バーデン・フェスティバル 〓 聖霊降臨祭の音楽祭を中止

  11. ドレスデン発 〓 ザクセン州政府がティーレマンと契約延長せず、シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者は2024年まで

  12. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  13. 北京発 〓 フィラデルフィア管が中国国際音楽コンクールのレジデント・オーケストラに

  14. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、目玉は「マーラー・フェス」

  15. 訃報 〓 マリス・ヤンソンス, ラトビアの指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。