ベルリン発 〓 アルテミス・カルテットの新メンバー決定

2019/01/08

世界で活躍するトップカルテットの一つ、アルテミス・カルテット(Artemis Quartett)の新しいメンバーが決まった。チェロのエッカート・ルンゲと第2ヴァイオリンのアンテア・クレストンが5月に退団、代わって、ハリエット・クリーフ(Harriet Krijgh)、キム・スーヤン (Suyoen Kim)が入団する。ルンゲは創設メンバーの一人で、これで創設メンバーは一人もいなくなる。

チェロのクリーフは1991年生まれのオランダ期待の新鋭。昨年11月に読売日本交響楽団との共演で初来日したばかり。この年末には、「ドイツ・グラモフォン」からデビュー・アルバムがリリースされることが決まっている。一方、キムは1987年、ドイツ・ミュンスター生まれの韓国系ヴァイオリニスト。日下紗矢子と並んで、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団(Konzerthausorchester Berlin)のコンサートマスターを務め、やはり「ドイツ・グラモフォン」からアルバムがリリースされている。

アルテミス・カルテットは1989年、リューベック音楽大学の学生4人が集まって結成。その後、アルバン・ベルク、エマーソン、ジュリアードのなどの弦楽四重奏団に指導を受け、1996年にはミュンヘン国際音楽コンクールで優勝した。優勝は1970年の東京クヮルテット以来25年ぶりの快挙で大きな話題をさらった。

その後、メンバーを入れ替えながらベルリンを拠点に活動。最近では2015年、ヴィオラのフリーデマン・ヴァイグレが亡くなった後、2016年の初めに第2ヴァイオリンにクレストンが入り、第2ヴァイオリンのグレゴール・ジーグルがヴィオラに回って新たなスタートを切っていた。

写真:Artemis Quartett


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 サイモン・キーンリーサイドにナイトの称号

  2. エルル・チロル音楽祭 〓 グスタフ・クーンの後任の芸術監督決まる

  3. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  4. バーゼル発 〓 バーゼル劇場の音楽監督にクリスティーナ・ポスカ

  5. ハノーファー発 〓 アンドルー・マンゼが北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団との契約を更改

  6. プラハ発 〓 2019年の「オペラリア」はプラハで開催

  7. ザルツブルク音楽祭 〓 公演DVD発売:ティーレマン&フレミング

  8. パリ発 〓 サウジアラビアの国立オペラ創設をフランスが支援

  9. ウィーン発 〓 代役は指揮者!?

  10. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  11. 訃報 〓 エル・システマの創設者、ホセ・アントニオ・アブレウが死去

  12. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・フィルハがメータに「名誉指揮者」の称号

  13. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ロンドン発 〓 18歳のチェリスト、カネー=メイソンのデビュー・アルバムが快走

  15. ローマ発 〓 18歳から25歳限定で2ユーロのオペラ鑑賞チケット発売

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。