ベルリン発 〓 アルテミス・カルテットの新メンバー決定

2019/01/08

世界で活躍するトップカルテットの一つ、アルテミス・カルテット(Artemis Quartett)の新しいメンバーが決まった。チェロのエッカート・ルンゲと第2ヴァイオリンのアンテア・クレストンが5月に退団、代わって、ハリエット・クリーフ(Harriet Krijgh)、キム・スーヤン (Suyoen Kim)が入団する。ルンゲは創設メンバーの一人で、これで創設メンバーは一人もいなくなる。

チェロのクリーフは1991年生まれのオランダ期待の新鋭。昨年11月に読売日本交響楽団との共演で初来日したばかり。この年末には、「ドイツ・グラモフォン」からデビュー・アルバムがリリースされることが決まっている。一方、キムは1987年、ドイツ・ミュンスター生まれの韓国系ヴァイオリニスト。日下紗矢子と並んで、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団(Konzerthausorchester Berlin)のコンサートマスターを務め、やはり「ドイツ・グラモフォン」からアルバムがリリースされている。

アルテミス・カルテットは1989年、リューベック音楽大学の学生4人が集まって結成。その後、アルバン・ベルク、エマーソン、ジュリアードのなどの弦楽四重奏団に指導を受け、1996年にはミュンヘン国際音楽コンクールで優勝した。優勝は1970年の東京クヮルテット以来25年ぶりの快挙で大きな話題をさらった。

その後、メンバーを入れ替えながらベルリンを拠点に活動。最近では2015年、ヴィオラのフリーデマン・ヴァイグレが亡くなった後、2016年の初めに第2ヴァイオリンにクレストンが入り、第2ヴァイオリンのグレゴール・ジーグルがヴィオラに回って新たなスタートを切っていた。

写真:Artemis Quartett


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 ロシアのバス歌手、マキシム・ミハイロフ

  2. モンペリエ発 〓 シュトゥッツマン率いる「オルフェオ55」が活動を停止

  3. ゴーリッシュ発 〓 アンドリス・ネルソンスに2018年の年間賞

  4. アムステルダム発 〓 北欧ツアーの代役でディーマ・スロボデニュークがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団デビュー

  5. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  6. ダブリン発 〓 RTÉ国立交響楽団が首席指揮者にスペイン出身のハイメ・マルティーン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。