ミュンヘン発 〓 カウフマンにマキシミリアン勲章

2018/12/18

テノールのヨナス・カウフマン(Jonas Kaufmann)がバイエルン州政府からマキシミリアン勲章 (Bayerischer Maximiliansorden für Wissenschaft und Kunst)を授与された。マキシミリアン勲章はバイエルン州が与える最高の勲章で、文化や科学の分野の優れた人に贈られている。今年の受章者はカウフマン以下6名。17日に行われた授章式で、バイエルン州政府のマルクス・ゼーダー(Markus Söder)首相から伝達された。

勲章はルートヴィヒ2世の父でバイエルン王国の第3代国王マキシミリアン2世(1811 – 1864)によって1853年に創設されたもの。ナチス時代に一時廃止されたが、1981年に復活。現存する受章者が100人以内と限定されており、クラシック関係ではカルロス・クライバー、アウグスト・エヴァーディング、ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ、ユリア・ヴァラディ、クルト・モル、エディタ・グルベローヴァ、ズビン・メータなどが過去に受章している。

写真:Bayerische Staatskanzlei


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 イタリアのバリトン歌手クラウディオ・デズデーリが死去

  2. アムステルダム発 〓 ノセダが代役でロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団に思わぬデビュー

  3. ウィーン発 〓 メータが「オペルンバル」の指揮をキャンセル

  4. ボルドー発 〓 ミンコフスキがボルドー国立歌劇場との契約を延長

  5. ベルリン発 〓 演出家のバリー・コスキーが契約延長せず

  6. フランクフルト発 〓 エベーヌ四重奏団に「フランクフルト音楽賞」2019

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。