インスブルック古楽音楽祭 〓 2019年はオペラ3作品を上演

2018/09/06

2019年に上演するオペラを、インスブルック古楽音楽祭が発表した。43回目を迎える音楽祭は2019年、チェスティの《ラ・ドリ》、ヘンデルの《ゲルマニア王オットーネ》、ブロスキの《メローペ》の3作品を上演する。

17世紀半ばに活躍したイタリアの作曲家ピエトロ・アントニオ・チェスティ(1623-1669)は、1652年からインスブルックの宮廷楽長を務めた、街ゆかりの作曲家。2019年は彼の没後350年という節目の年でもある。《ラ・ドリ》は彼の在任中の1657年、インスブルックで初演されている。1661年にはイタリアでも上演され、17世紀のイタリアで最も人気を誇ったオペラの一つとして知られる。

ヘンデルの《ゲルマニア王オットーネ》は1723年にロンドンで初演された作品。彼の生前、最も成功したオペラの一つ。また、イタリアの作曲家ブロスキは(1698-1739)も《メローペ》もやはり1732年にトリノで初演された。上演日程は以下の通り。

ブロスキ《メローペ》
8月7日 / 9日 / 11日
指揮:アレッサンドロ ・デ・マルキ

ヘンデル《ゲルマニア王オットーネ》
8月18日 / 20日 / 22日
指揮:ファブリツィオ・ヴェンチューラ

チェスティ《ラ・ドリ》
8月24日 / 26日
指揮:オッターヴィオ・ダントーネ

写真:Innsbruck Festival of Early Music

    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. インスブルック発 〓 チロル交響楽団の首席指揮者に英国の若手指揮者ケレム・ハサン

  2. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ国際音楽コンクールのピアノ部門が終了

  3. グラインドボーン音楽祭 〓 次期芸術監督に演出家のステファン・ラングリッジ

  4. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  5. ウィーン発 〓 ヤンソンスがウィーン・フィルハーモニーの名誉団員に

  6. ドナウエッシンゲン音楽祭 〓 音楽祭が閉幕、今年は22作品を初演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。