インスブルック古楽音楽祭 〓 2019年はオペラ3作品を上演

2018/09/06

2019年に上演するオペラを、インスブルック古楽音楽祭が発表した。43回目を迎える音楽祭は2019年、チェスティの《ラ・ドリ》、ヘンデルの《ゲルマニア王オットーネ》、ブロスキの《メローペ》の3作品を上演する。

17世紀半ばに活躍したイタリアの作曲家ピエトロ・アントニオ・チェスティ(1623-1669)は、1652年からインスブルックの宮廷楽長を務めた、街ゆかりの作曲家。2019年は彼の没後350年という節目の年でもある。《ラ・ドリ》は彼の在任中の1657年、インスブルックで初演されている。1661年にはイタリアでも上演され、17世紀のイタリアで最も人気を誇ったオペラの一つとして知られる。

ヘンデルの《ゲルマニア王オットーネ》は1723年にロンドンで初演された作品。彼の生前、最も成功したオペラの一つ。また、イタリアの作曲家ブロスキは(1698-1739)も《メローペ》もやはり1732年にトリノで初演された。上演日程は以下の通り。

ブロスキ《メローペ》
8月7日 / 9日 / 11日
指揮:アレッサンドロ ・デ・マルキ

ヘンデル《ゲルマニア王オットーネ》
8月18日 / 20日 / 22日
指揮:ファブリツィオ・ヴェンチューラ

チェスティ《ラ・ドリ》
8月24日 / 26日
指揮:オッターヴィオ・ダントーネ

写真:Innsbruck Festival of Early Music

    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  2. ロンドン発 〓 フィルハーモニア管の次期首席指揮者にサントゥ=マティアス・ロウヴァリ

  3. ヴェルビエ音楽祭 〓 2019年の音楽祭のプログラムを発表

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場管のヴィオラ・セクションのトップにポーランド出身のポプラウスキー

  5. ローマ発 〓 復活ガッティが不整脈でダウン

  6. ガーシントン・オペラ 〓 2019年夏のラインナップを発表

  7. トロント発 〓 ピエチョンカが王立音楽院の声楽部門トップに

  8. ストラスブール発 〓 「ARTE Con​​cert」がネット上にオペラハウス?

  9. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルが2020年の概要を発表

  10. トロント発 〓 トロント響がアンドルー・デイヴィスにサプライズ・プレゼント

  11. 東京発 〓 新国立劇場が2018/2019シーズンの上演スケジュールを発表

  12. ロンドン発 〓 フレミングが英国でもミュージカル・デビュー

  13. ヴェルビエ・フェスティバル 〓 25周年記念ガラに世界的なアーティスト30人が集結

  14. ニューヨーク発 〓 ラン・ランが音楽教育に500万ドルの寄付

  15. オタワ発 〓 オタワ交響楽団が3Dプリンター製のヴァイオリンでコンサート

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。