東京発 〓 新国立劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

2019/02/17

新国立劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表した。新制作は《エウゲニ・オネーギン》、《ドン・パスクワーレ》、《ジュリオ・チェーザレ》の3作品。これに加えて、「オペラ夏の祭典2019-20 Japan⇋Tokyo⇋World」の枠組みで、《ニュルンベルクのマイスタージンガー》が新制作される。再演は《椿姫》、《ラ・ボエーム》、《セビリアの理髪師》、《コジ・ファン・トゥッテ》、《ホフマン物語》、《サロメ》。

2019年10月
《エウゲニ・オネーギン》=新制作
指揮:アンドリー・ユルケヴィチ
演出:ドミトリー・ベルトマン

2019年11月
《ドン・パスクワーレ》=新制作
指揮:コッラード・ロヴァーリス
演出:ステファノ・ヴィツィオーリ

2019年11月/12月
《椿姫》=再演
指揮:イヴァン・レプシッチ
演出:ヴァンサン・ブサール

2020年1月/2月
《ラ・ボエーム》=再演
指揮:パオロ・カリニャーニ
演出:粟國淳

2020年2月
《セビリアの理髪師》=再演
指揮:アントネッロ・アッレマンディ
演出:ヨーゼフ・E.ケップリンガー

2020年3月
《コジ・ファン・トゥッテ》=再演
指揮:パオロ・オルミ
演出:ダミアーノ・ミキエレット

2020年4月
《ホフマン物語》=再演
指揮:マルコ・レトーニャ
演出:フィリップ・アルロー

2020年4月
《ジュリオ・チェーザレ》=新制作
指揮:リナルド・アレッサンドリーニ
演出・衣裳:ロラン・ペリー

2020年5月
《サロメ》=再演
指揮:コンスタンティン・トリンクス
演出:アウグスト・エファーディング

2020年6月
《ニュルンベルクのマイスタージンガー》=新制作
指揮:大野和士
演出:イェンス=ダニエル・ヘルツォーク

写真:New National Theatre Tokyo


    もっと詳しく ▷





関連記事

  1. ダラス発 〓 ダラス・オペラが2019/2020シーズンのラインナップを発表

  2. 東京発 〓 クス・カルテットが日本音楽財団の「パガニーニ・クァルテット」使って演奏会

  3. ロサンゼルス発 〓 ドミンゴが新しい役に挑戦

  4. モスクワ発 〓 指揮者のクルレンツィスにギリシャ政府がフェニックス勲章

  5. ワルシャワ発 〓 もう一つの「ショパン・コンクール」創設

  6. サンクトペテルブルク発 〓 デュトワがサンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団の首席客演指揮者に

  7. [新作オペラ・フラッシュ2018]ザルツブルク音楽祭 〓 サロメ

  8. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのピアノ・トリオ部門で、日本の「葵トリオ」が優勝

  9. ヴェルディ・フェスティバル 〓 2019年は4作品を上演

  10. トロント発 〓 ピエチョンカが王立音楽院の声楽部門トップに

  11. ブダペスト発 〓 復帰進むデュトワが《青ひげ公の城》を指揮

  12. シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団の楽団員がストライキに突入

  13. ストックホルム発 〓 スウェーデン放送響がハーディングとの契約を延長

  14. エディンバラ国際フェスティバル 〓 2018年のプログラムを発表

  15. ミルウォーキー発 〓 ミルウォーキー交響楽団の音楽監督に謙=デイヴィッド・マズア

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。