ベルリン発 〓 第1回「オーパス・クラシック賞」決まる

2018/09/12

第1回「オーパス・クラシック(The OPUS KLASSIK)賞」の受賞作が発表された。「オーパス・クラシック賞」はこれまであった「エコー賞」に代わって創設された録音に対する賞。「エコー賞」は1963年創設の「ドイツ・レコード賞」を受け継ぎ、1992年に創設された賞で、ドイツの音楽出版社、レコード会社、コンサート・オーガナイザーたちによる運営委員会が運営、アメリカのグラミー賞に準ずる賞としてドイツで最も権威のある賞と見なされてきた。

ところが、今年のポップス部門を受賞したラップ・グループの曲に反ユダヤ主義的な歌詞が含まれることに多くの音楽家が猛反発。クラシック部門でも、ダニエル・バレンボイムを筆頭に賞を辞退する音楽家が続出、過去の受賞者で賞を返還するというアーティストも出たことで、「エコー賞」自体が廃止を余儀なくされた。そこでクラシック部門だけを切り離した格好で、「オーパス・クラシック賞」が創設された。

授賞式は10月14日にベルリンのコンツェルトハウスで行われる。「シンガー・オブ・ザ・イヤー」は、女性がディアナ・ダムラウ、男性はファン・ディエゴ・フローレスが選ばれている。

写真:DianaDamrau.com

    詳細はこちら ▷


関連記事

  1. テネリフェ発 〓 テネリフェ交響楽団の首席指揮者にアントニオ・メンデス

  2. クラスノヤルスク発 〓 トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール創設へ

  3. シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団の楽団員がストライキに突入

  4. ウィーン発 〓 ソプラノのカミラ・ニールンドに「宮廷歌手」の称号

  5. ハレ発 〓 ドイツ映画音楽賞の国際賞にレイチェル・ポートマン

  6. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2019年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラムを発表

  7. ガーシントン・オペラ 〓 2019年のスケジュールを発表

  8. ヘルシンキ発 〓 フィンランド放送響の次期首席指揮者に英国のニコラス・コロン

  9. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが土曜夜の公演を18歳以下に無料開放

  10. シカゴ発 〓 ムーティーが労働協約めぐり楽団員を擁護

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  12. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルが2020年の概要を発表

  13. エディンバラ発 〓 ユーロヴィジョン若手音楽家コンクール2018でイワン・ベッソノフが優勝

  14. ロンドン発 〓 サイモン・キーンリーサイドにナイトの称号

  15. プラハ発 〓 プラハ国民劇場が次期芸術監督にノルウェー国立オペラの前芸術監督を招聘

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。