ダラス発 〓 ヴォータンの代役が出番ギリギリで会場到着

2018/05/22
【最終更新日】2018/05/23

18日のダラス交響楽団の公演で、代役の歌手が出番の7分前に会場に到着するという事件が発生した。ドタバタが起きたのは、コンサート形式で上演されたワーグナーの楽劇《ワルキューレ》の公演。2008年から音楽監督を務めてきたヤープ・ファン・ズヴェーデンが離任するに当たって企画されたお別れ公演の一つで、ヴォータン役にはマティアス・ゲルネがキャスティングされていた。ところが、ゲルネが体調を崩し、正午の時点で出演をキャンセル。オーケストラは開演まで6時間で急きょ代役を探す事態に陥った。

米国での報道によると、オーケストラはサンフランシスコ歌劇場で《ワルキューレ》公演のカヴァーに入っていたバス・バリトンのカイル・アルバートソンに出演を依頼。アルバートソンはすぐにウーバーのサービスを利用して空港に向かい、その車内で航空便を予約。ダラスの空港には副指揮者たちが車で待機、交響楽団の本拠地であるモートン・マイヤーソン・シンフォニー・センターまでの車中で、ズヴェーデンの指示などを伝えた。アルバートソンはスーツに着替えながらそれを聴いて流れを頭に叩き込んだという。

結局、ホールに着いたのは、第2幕の演奏開始7分前。アルバートソンは第2幕からステージに上がり、ヴォータンの有名なモノローグを歌った。アルバートソンの「ヴォータン・デビュー」はそのまま順調に進み、最後のカーテンコールではやんやの喝采を浴びたという。

Photo:Ben Torres / Dallas News

関連記事

  1. 訃報 〓 イタリアのバリトン歌手クラウディオ・デズデーリが死去

  2. エカテリンブルク発 〓 新ホールはザハ・ハディッド事務所のデザインを採用

  3. ロンドン発 〓 ラトルが隠れた名作をディナー・パーティーでゲット!?

  4. 訃報 〓 メゾ・ソプラノ、ヴァレンティナ・レフコ

  5. ベルリン発 〓 アルテミス・カルテットの新メンバー決定

  6. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。