セイジ・オザワ松本フェスティバル 〓 小澤征爾が指揮予定の3公演を降板

2018/05/13
【最終更新日】2018/05/15

「セイジ・オザワ松本フェスティバル」の実行委員会が11日、小澤征爾(82)が指揮する予定だった3公演をすべて降板すると発表した。小澤は4月、大動脈弁狭窄(きょうさく)症の手術を受け、現在はリハビリ中。体力や筋力の回復にまだ時間が必要と判断したという。3公演は指揮者と演目、チケット価格を変更して上演する。小澤は音楽祭の期間中、松本市に滞在しながら、総監督として各公演のリハーサルなどには参加するという。

写真:Seiji Ozawa Matsumoto Festival

    詳細はこちら ▷

関連記事

  1. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年夏の音楽祭のプログラムを発表

  2. バイロイト音楽祭 〓 アラーニャが《ローエングリン》を降板

  3. バイロイト音楽祭 〓 来年の《ローエングリン》でネトレプコが音楽祭デビュー

  4. びわ湖クラシック音楽祭 〓 2019年のプログラムを発表

  5. オールドバラ音楽祭 〓 2019年のプログラムを発表

  6. エクス=アン=プロヴァンス音楽祭 〓 2019年のプログラムを早くも発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。