トゥールーズ発 〓 キャピトル劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

2019/04/21

トゥールーズのキャピトル劇場(Théâtre du Capitole de Toulouse)が2018/2019シーズンのラインナップを発表した。トゥールーズはフランス南西部の、フランス第5の規模の街。焼いたテラコッタ・レンガを用いた建物が多く、「バラ色の都市」とも呼ばれる。ヨーロッパの宇宙・航空産業の拠点で、「エアバス社」の本社、工場が置かれている。キャピトル劇場は市庁舎の一角にあり、客席は1100強。劇場の座付きオーケストラは「トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団」の名前で、コンサート活動も積極的に展開している。オペラ公演のラインナップは以下の通り。

ワーグナー《パルジファル》 = 新制作
1月26日 – 2月2日
指揮:フランク・ベールマン
演出:Aurélien Bory
出演:ニコライ・シューコフ / ソフィー・コッシュ / ペーター・ローズ / マティアス・ゲルネ / ピエール=イヴ・プリュヴォ / ジュリアン・ベロネーゼ

ドニゼッティ《愛の妙薬》
2月27日 – 3月6日
指揮:セスト・クワトリー二
演出:アルノー・ベルナール
出演:Otar Jorjikia / ヴァンニーナ・サントーニ / マッティア・オリヴィエーリ

ラモー《プラテー》 = 新制作
3月28日 – 4月4日
指揮:エルヴェ・ニケ
演出:コリンヌ&ジル・ベニジオ
出演:マティアス・ヴィダル / マリー・ペルボー / エンゲルラン・ド・イス / Jean-Christophe Lanièce / Jean-Vincent Blot / マリー=ロール・ガルニエ

ヤナーチェク《イェヌーファ》
5月7日 – 16日
指揮:フローリアン・クルムペック
演出:ニコラ・ジョエル
出演:アンゲラ・デノケ / マリー=アドリーヌ・アンリ / マリウス・ブレンチウ / Amadi Lagha / ステファニア・トツィスカ

ボーイト《メフィストフェレ》 = 新制作
6月23日 – 7月2日
指揮:フランチェスコ・アンジェリコ
演出:ジャン=ルイ・グリンダ
出演:ニコラ・クルジャル / ジャン=フランソワ・ボラス / キアーラ・イゾットン / ベアトリス・ユリア=モンゾン

写真:Théâtre du Capitole de Toulouse




関連記事

  1. ウィーン発 〓 イシュトヴァーン・ヴァルダイがハインリヒ・シフの後任に

  2. ブリュッセ発 〓 モネ劇場が2019/2020シーズンの上演ラインナップを発表

  3. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ国際音楽コンクールのピアノ部門が終了

  4. ドレスデン発 〓 ドミンゴがザクセン州立歌劇場にデビュー

  5. 訃報 〓 ドミニク・アルジェント, 米国の作曲家

  6. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルがティーレマンの指揮でブルックナーの交響曲全曲演奏

  7. ダラス発 〓 ダラス交響楽団の次期音楽監督にファビオ・ルイージ

  8. デトロイト発 〓 スラトキンがバイパス手術で4月、5月の公演をキャンセル

  9. 訃報 〓 イタリアの指揮者、クラウディオ・シモーネ

  10. ロンドン発 〓 サカリ・オラモがBBC交響楽団との契約を2022年まで延長

  11. ザルツブルク音楽祭 〓 公演DVD発売:ティーレマン&フレミング

  12. プフォルツハイム発 〓 ダグラス・ボストックが南西ドイツ・プフォルツハイム室内管弦楽団の首席指揮者に

  13. [ 新作オペラFLASH 2018 ]ザルツブルク音楽祭 〓 スペードの女王

  14. アムステルダム発 〓 ノセダが代役でロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団に思わぬデビュー

  15. ストックホルム発 〓 スウェーデン放送響がハーディングとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。