訃報 〓 クリスティアーヌ・エダ=ピエール, フランスのソプラノ歌手

2020/09/10

フランスのソプラノ歌手クリスティアーヌ・エダ=ピエール(Christiane Eda-Pierre)が6日、フランス中部ドゥー=セーヴルの自宅で亡くなった。88歳だった。

カリブ海の仏領マルティニーク島生まれで、パリ高等音楽院に進み、1957年にビゼー《真珠取り》のレイラ役でプロ・デビューした。1958年にオペラ・コミーク、1959年にエクス=アン=プロヴァンス音楽祭にデビューしている。

1960年、パリ国立オペラにドニゼッティ《ルチア》でデビュー。以降、コロラトゥーラ・ソプラノとして世界的な歌劇場に出演、ルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴらと共演を重ねた。1977年からは母校で後進の指導にも当たった。

イタリア物とモーツァルトの作品、フランスのバロック・オペラで評価を集めた。現代物の初演にも積極的に参加。1983年、パリで行われたメシアンの《アッシジの聖フランチェスコ》の世界初演では(指揮は小澤征爾)、エンジェルの役で出演している。

写真:DECCA









関連記事

  1. ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場がアーカイブを毎日ストリーミング配信、公演休止中の4月2日までは無料で

  3. ロンドン発 〓 カリーナ・カネラキスがロンドン・フィルの首席客演指揮者に

  4. プラハ発 〓 プラハ放送交響楽団の次期首席指揮者にペトル・ポペルカ

  5. ウィーン発 〓 指揮者のマルコ・アルミリアートが国立歌劇場の名誉会員に

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第2週のストリーミング・ラインナップを発表

  7. ロンドン発 〓 置き忘れたヴァイオリン、スティーブン・モリスに戻る

  8. ハノーファー発 〓 州立劇場の次期音楽総監督にステファン・ジリアス

  9. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  11. ロンドン発 〓 指揮者のサカリ・オラモがBBC響との契約を延長

  12. ボストン発 〓 タングルウッド音楽祭も開催中止を発表

  13. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの2020/2021シーズンが開幕

  14. ニューヨーク発 〓 映画『The Song of Names』、北米での公開始まる

  15. 東京発 〓 新日本フィルが2020/2021シーズンのラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。