ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場管のコンサートマスターにフョードル・ルディン

2019/02/09

ヴァイオリニストのフョードル・ルディン(Fedor Rudin)がウィーン国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターのオーディションを通過した。2年間の試用期間を経て、正式採用される。ルディンは1992年、モスクワ生まれ。旧ソ連を代表する作曲家の一人、 エディソン・デニソフ(Edison Denisov)を祖父に持ち、パリで育つ。ケルン音楽大学でザハール・ブロン、ザルツブルク・モーツァルテウム音楽院でピエール・アモイヤルに師事。その後、グラーツ国立音楽・演劇大学でボリス・クシュニールでヴァイオリンを、ウィーン国立音楽・演劇大学でシメオン・ピロンコフに指揮を学んだ。2014年のジョルジェ・エネスク国際コンクール2位、2018年のパガニーニ国際コンクール2位など受賞歴多数。

写真:fedorrudin.com


関連記事

  1. シカゴ発 〓 シカゴ響がムーティとの契約を延長

  2. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア国立劇場の音楽監督が交代

  3. ローマ発 〓 映画音楽の大御所モリコーネが引退?

  4. ベルリン発 〓 第1回「オーパス・クラシック賞」決まる

  5. ベルリン発 〓 ドイツ・グラモフォンが120周年記念コンサートをライブ配信

  6. インスブルック古楽音楽祭 〓 チェスティ・バロック・オペラ国際声楽コンクール終了

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。