ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場管のコンサートマスターにフョードル・ルディン

2019/02/09

ヴァイオリニストのフョードル・ルディン(Fedor Rudin)がウィーン国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターのオーディションを通過した。2年間の試用期間を経て、正式採用される。ルディンは1992年、モスクワ生まれ。旧ソ連を代表する作曲家の一人、 エディソン・デニソフ(Edison Denisov)を祖父に持ち、パリで育つ。ケルン音楽大学でザハール・ブロン、ザルツブルク・モーツァルテウム音楽院でピエール・アモイヤルに師事。その後、グラーツ国立音楽・演劇大学でボリス・クシュニールでヴァイオリンを、ウィーン国立音楽・演劇大学でシメオン・ピロンコフに指揮を学んだ。2014年のジョルジェ・エネスク国際コンクール2位、2018年のパガニーニ国際コンクール2位など受賞歴多数。

写真:fedorrudin.com


関連記事

  1. ベルリン発 〓 クシシュトフ・ポロネクがベルリン・フィルのコンサート・マスターに

  2. 訃報 〓 フランスの指揮者ジャン=クロード・マルゴワールが死去

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場、音楽総監督にユロフスキ

  4. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  5. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管が米国ツアーの指揮者にハーディングを起用

  6. 訃報 〓 ヴァイオリンのヴァンダ・ヴィウコミルスカ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。