パリ発 〓 デュトワがフランス国立管を指揮してフランス音楽界復帰

2019/01/28

シャルル・デュトワ(Charles Dutoit)が2月3日、フランス国立管弦楽団(Orchestre National de France)のコンサートで、フランスの音楽界に復帰することになった。エマニュエル・クリヴィヌの代役で、ベルリオーズ《ファウストの劫罰》を指揮する。コンサートはフィルハーモニー・ド・パリで行われる。

San Francisco Symphony / Victor Fraile


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  2. 東京発 〓 新国立劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  3. クラスノヤルスク発 〓 空港にバリトンのホフストフスキーの名前

  4. クリーブランド 〓 クリーブランド管がセクハラ認定、コンサートマスターと首席トロンボーンを解任

  5. プラハ発 〓 チェコ・フィルの首席指揮者にビシュコフが就任

  6. ワルシャワ発 〓 新しい“ショパン・コンクール”終了

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。