東京発 〓 読売日本交響楽団が次期常任指揮者にヴァイグレ

2018/05/09
【最終更新日】2018/05/10

読売日本交響楽団が9日、2019年4月1日付でドイツ人指揮者セバスティアン・ヴァイグレ(Sebastian Weigle)を第10代常任指揮者に迎えることを発表した。2010年から第9代常任指揮者を務めてきたシルヴァン・カンブルラン(Sylvain Cambreling)が退任後、桂冠指揮者となることも合わせて発表された。ヴァイグレの任期は当面、2022年3月末までの3年間。読売日本交響楽団は「ヴァイグレ氏のドイツ音楽を中心とした広いレパートリーと確かな音楽性を高く評価。さらなる芸術性向上にもつながることを期待している」としている。

ヴァイグレは1961年、ドイツ・ベルリン生まれ。東ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学でホルン、ピアノ、指揮を学んだ後、東独時代のベルリン国立歌劇場管弦楽団で首席ホルン奏者を15年間務めた後、指揮者に転身。世界各地の歌劇場で活躍を続け、2007年にはバイロイト音楽祭にも客演。スペイン・バルセロナのリセウ大劇場の音楽総監督を経て、2008年からはフランクフルト歌劇場の音楽総監督を務めている。読売日本交響楽団には2016年に初めて客演、2017年7月には東京二期会の《ばらの騎士》で共演している。

写真:Michael Lewin

関連記事

  1. ハノーファー発 〓 アンドルー・マンゼが北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団との契約を更改

  2. ベルリン発 〓 3つのオペラハウスが2018年の“興行成績”を発表

  3. ウィーン発 〓 ウィーン交響楽団に初のコンサートミストレス

  4. バルセロナ発 〓 バルセロナ交響楽団、2018/2019シーズンのコンサート・スケジュールを発表

  5. クラスノヤルスク発 〓 空港にバリトンのホフストフスキーの名前

  6. ドレスデン発 〓 ドレスデン・シュターツカペレ、2018/2019シーズン概要を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。