バイロイト音楽祭 〓 アラーニャが《ローエングリン》を降板

2018/07/01

バイロイト音楽祭が6月30日、《ローエングリン》へ出演する予定だったロベルト・アラーニャの降板を発表した。代役はまだ発表されていない。アラーニャにとってもバイロイト・デビューという大事な公演で、衣装合わせも既に終了、最近のパリ・シャンゼリゼ劇場での公演の合間に練習している姿が目撃されていた。

2018年、2019年の音楽祭は、ワーグナー《ニーベルングの指環》の全曲上演がなく、2018年の唯一のプレミエ(新演出上演)がユーヴァル・シャロンの演出による《ローエングリン》だった(指揮はクリスティアン・ティーレマン)。さらに、あのアンナ・ネトレプコの、エルザ役でのバイロイト・デビューの噂が立ち、話題を集めていた(実際にはアニア・ハルテロスが起用された)。

写真:Classics On Palace Square / Stas Levshin

関連記事

  1. ヴェルディ・フェスティバル 〓 2019年は4作品を上演

  2. 武生国際音楽祭 〓 音楽監督の細川俊夫のオペラ《松風》が日本初演

  3. 白夜の星音楽祭 〓 2018年のスケジュールを発表

  4. ヴェルビエ・フェスティバル 〓 25周年記念ガラに世界的なアーティスト30人が集結

  5. ハンブルク発 〓 ハンブルグ交響楽団がアルゲリッチ迎えて「6月音楽祭」を創設

  6. ハレ発 〓 州立劇場の音楽総監督にアリアーヌ・マティアク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。