バイロイト音楽祭 〓 アラーニャが《ローエングリン》を降板

2018/07/01

バイロイト音楽祭が6月30日、《ローエングリン》へ出演する予定だったロベルト・アラーニャの降板を発表した。代役はまだ発表されていない。アラーニャにとってもバイロイト・デビューという大事な公演で、衣装合わせも既に終了、最近のパリ・シャンゼリゼ劇場での公演の合間に練習している姿が目撃されていた。

2018年、2019年の音楽祭は、ワーグナー《ニーベルングの指環》の全曲上演がなく、2018年の唯一のプレミエ(新演出上演)がユーヴァル・シャロンの演出による《ローエングリン》だった(指揮はクリスティアン・ティーレマン)。さらに、あのアンナ・ネトレプコの、エルザ役でのバイロイト・デビューの噂が立ち、話題を集めていた(実際にはアニア・ハルテロスが起用された)。

写真:Classics On Palace Square / Stas Levshin

関連記事

  1. ベルリン発 〓 アルテミス・カルテットの新メンバー決定

  2. マーストリヒト発 〓 ヴァイオリニストのアンドレ・リュウがノートルダム再建に鋼材700トンを寄付

  3. サンパウロ発 〓 サンパウロ交響楽団の次期音楽監督にティエリー・フィッシャー

  4. ベルリン発 〓 ドイツ・グラモフォンが120周年記念コンサートをライブ配信

  5. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・フィルハがメータに「名誉指揮者」の称号

  6. サンディエゴ発 〓 エド・デ・ワールトがサンディエゴ響の首席客演指揮者に

  7. ロサンゼルス発 〓 ドミンゴのセクハラ疑惑に対応二分

  8. オタワ発 〓 ワリス・ジウンタが「ジョン・フリーダ」のCMに

  9. ロッシーニ・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の音楽祭の概要を発表

  10. バイロイト音楽祭 〓 新作《ローエングリン》をライブ・ストリーミングで配信

  11. プフォルツハイム発 〓 ダグラス・ボストックが南西ドイツ・プフォルツハイム室内管弦楽団の首席指揮者に

  12. ケルン発 〓 ケルン放送管弦楽団、常任指揮者ウェイン・マーシャル退任へ

  13. プラハ発 〓 ドミンゴ主宰の「オペラリア2019」が閉幕

  14. 台北発 〓 インバルが台北市立交響楽団の首席指揮者に

  15. ワシントン発 〓 作曲家フィリップ・グラスがケネディ・センター名誉賞を受賞

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。