[ 新作オペラFLASH 2018 ]バイロイト音楽祭 〓 ローエングリン

2018/08/04
【最終更新日】2018/08/17

主役ローエングリンに人気テノールのロベルト・アラーニャがキャスティングされ、バイロイト・デビューとなることもあって話題を集めたが、アラーニャは直前になって降板、その代役にピョートル・ベチャワが起用された。音楽的には素晴らしい舞台と、クリスティアン・ティーレマンが紡ぎ出した音楽が絶賛されているが、初日のカーテンコールで最も盛大な拍手を浴びたのは、オルトルートを歌い、18年ぶりに音楽祭に舞い戻ったワルトラルト・マイヤー。演出はユーバル・シャロン(初の米国人演出家)で、舞台は青い色彩で彩られ、幻想的でメルヘンチックなテイスト。ローエングリンはつなぎの作業服を着た発電所の技術者のような格好で登場、他の登場人物は羽の生えた衣裳で背中が光るところから「蛍」に読み替えられている。ラストは登場人物のほとんどが死ぬ中、エルザが弟と生き残る、という建て付け。

初日:7月25日 … 祝祭劇場
[演出]ユヴァル・シャロン
[出演]ピョートル・ベチャワ(ローエングリン)
アニヤ・ハルテロス(エルザ)
トマス・コニエチュニー(テルラムント)
ヴァルトラウト・マイヤー(オルトルート)
ゲオルク・ツエッペンフェルト(ハインリヒ王)
[指揮]クリスティアン・ティーレマン
[演奏]バイロイト祝祭管弦楽団

写真:Bayreuther Festspiele / Enrico Nawrath


    音楽祭のサイトへ ▷


関連記事

  1. リューベック発 〓 リューベック歌劇場の音楽総監督にシュテファン・ヴラダー

  2. BBC Proms 〓 2019年秋に日本公演

  3. ベルリン発 〓 演出家のバリー・コスキーが契約延長せず

  4. サンパウロ発 〓 サンパウロ交響楽団の次期音楽監督にティエリー・フィッシャー

  5. ヘルシンボリ発 〓 飛行機で来演するアーティストと共演しない宣言

  6. エディンバラ国際フェスティバル 〓 2018年のプログラムを発表

  7. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年の聖霊降臨祭音楽祭スケジュールを発表

  8. リスボン発 〓 「オペラリア」2018が閉幕

  9. 訃報 〓 フランスの作曲家、ミシェル・ルグラン

  10. 訃報 〓 ゼフランコ・ゼフィレッリ, イタリアの映画監督・演出家

  11. アムステルダム発 〓 ボストン響がコンサートに遅刻、曲目も変更

  12. ウィーン発 〓 ベルナルト・ハイティンクがウィーン・フィルの名誉会員に

  13. 訃報 〓 ヴァイオリンのヴァンダ・ヴィウコミルスカ

  14. バイロイト音楽祭 〓 来年の《タンホイザー》はアクセル・コーバーが指揮!?

  15. ロンドン発 〓 サントリーホールの30周年記念委嘱作品に音楽賞

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。