ベルリン発 〓 演出家のバリー・コスキーが契約延長せず

2019/01/30

ベルリンのコーミッシェ・オーパー(Komische Oper Berlin)の総裁を務めている演出家のバリー・コスキー(Barrie Kosky)が、契約が切れる2022年で退任することを明らかにした。コーミッシェ・オーパーには2012年からアンドレアス・ホモキの後任として迎えられた。

コスキーは1967年、オーストラリア・メルボルン生まれの51歳。祖父の代にヨーロッパからオーストラリアに亡命したユダヤ系の家系で、本人はゲイであることを公表している。演劇を学んだ後、メルボルン大学で音楽を学び、オーストラリアで演出家として活動した後、2000年代に入って活動の舞台をヨーロッパに広げた。

ヨーロッパに来てからの活躍は目覚ましく、過去の受賞多数。2018年は、英国を拠点にした音楽サイト「Bachtrack」が年度ランキングで、「最も忙しい演出家」の1位をデイヴィッド・マクヴィカーと分け合っている。年間の公演数は121公演。また、ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト=Opernwelt」で、彼が演出したバイロイト音楽祭の《ニュルンベルクのマイスタージンガー》が「公演オブ・ザ・イヤー」に選ばれている。

写真:Komische Oper Berlin / Jan Windszus


関連記事

  1. 東京発 〓 カラスのドキュメンタリー作品「私は、マリア・カラス」12月から日本で公開

  2. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  3. 東京発 〓 リッカルド・ムーティが第30回「高松宮殿下記念世界文化賞」を受賞

  4. ヘルシンボリ発 〓 飛行機で来演するアーティストと共演しない宣言

  5. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  6. マドリード発 〓 イベリア航空が自社初のA350を「プラシド・ドミンゴ」号と命名

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。