ルツェルン音楽祭 〓 2019年の夏の音楽祭の概要を発表

2018/11/02
【最終更新日】2018/11/03

ルツェルン音楽祭が2019年の夏の音楽祭の概要を発表した。それによると、会期は8月16日から9月15日。会期中に100を超えるコンサートが行われる。ルツェルンは8月後半に幕を開けることもあり、欧米の夏の音楽祭の、締め括り的な存在。昔からオーケストラ・コンサートを中心したプログラムが組まれ、彼らの競演で知られてきた。

2019年も、客演するオーケストラは実に多彩。そのアドバンテージを使い、3つのオーケストラによる、チャイコフスキーの後期交響曲連続演奏会が組まれている。音楽祭の座付きオーケストラでリッカルド・シャイーが音楽監督を務めるルツェルン祝祭管弦楽団が4番を、キリル・ペトレンコ率いるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が5番、ワレリー・ゲルギエフ率いるマリインスキー劇場管弦楽団が6番を受け持つ。もう一つの話題は、楽壇の風雲児テオドール・クルレンツィス率いる「ムジカ・エテルナ」のオーケストラ、合唱団がモーツァルトのダ・ポンテ三部作の上演に挑戦すること。最終夜の《コジ・ファン・トゥッテ》にはチェチーリア・バルトリも加わる。

それ以外にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、マーラー・チェンバー・オーケストラ、ヨーロッパ室内管弦楽団があり、サイモン・ラトル率いるロンドン交響楽団、アンドリス・ネルソンズ率いるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ズービン・メータ率いるイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、ダニエル・バレンボイム率いるウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団、ラハフ・シャニ率いるロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団が続々と登場してくる。それらのオーケストラと共演するソリスト陣もまた豪華。

写真:Lucerne Festival


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. バイロイト音楽祭 〓 ゲルギエフが《タンホイザー》の指揮をキャンセル、代役にティーレマン

  2. ルートヴィヒスブルク音楽祭 〓 音楽祭が閉幕、クローザーはズーカーマン

  3. ヴェルビエ音楽祭 〓 出演者のキャンセルが相次ぎ、ついにラトルに指揮を依頼

  4. グラインドボーン音楽祭 〓 次期芸術監督に演出家のステファン・ラングリッジ

  5. 武生国際音楽祭 〓 音楽監督の細川俊夫のオペラ《松風》が日本初演

  6. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。