ベルリン発 〓 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団がオリジナルのフルトヴェングラー全集を発売

2019/01/26

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker)がヴィルヘルム・フルトヴェングラーの指揮による放送録音を22枚の全集として発売することになった。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が自らのレーベルで、フルトヴェングラーの録音を発売するのは初めて。

収められているのは、1935年から1945年にかけてドイツ帝国放送が放送用に録音したもの。録音テープはベルリン陥落後、ロシアによって押収されたが、1987年と1991年にドイツに返還された。その音源をリマスタリング(28bit/96kHz)したのが今回の全集。CD/SACDのハイブリッド仕様。

フルトヴェングラーは1922年、アルトゥール・ニキシュの後任として常任指揮者に迎えられたが、1934年に起きた「ヒンデミット事件」でナチス当局と対立して辞任。しかし、その後も終戦まで数多く指揮台に立っている。発売は2月8日。

写真:Berliner Philharmoniker

    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. グラインドボーン音楽祭 〓 来年からのツアー指揮者にベン・グラスバーグを起用

  2. ウィーン発 〓 楽友協会のトーマス・アンギャン総裁が退任

  3. ウィーン発 〓 ベルナルト・ハイティンクがウィーン・フィルの名誉会員に

  4. ワシントン発 〓 女性9人がドミンゴのセクハラを告発

  5. ダブリン発 〓 RTÉ国立交響楽団が首席指揮者にスペイン出身のハイメ・マルティーン

  6. 訃報 〓 クリスティアン・シュターデルマン, ドイツのヴァイオリン奏者

  7. 訃報 〓 ヴァイオリンのヴァンダ・ヴィウコミルスカ

  8. 訃報 〓 イタリアのテノール歌手、ウンベルト・ボルソ

  9. サンフランシスコ発 〓 マイケル・ティルソン・トーマスが心臓手術で休養

  10. トリノ発 〓 ジェームズ・コンロンにイタリア共和国功労勲章「コンメンダトーレ」

  11. モスクワ発 〓 中国愛楽楽団が初のロシア・ツアー

  12. クラスノヤルスク発 〓 空港にバリトンのホフストフスキーの名前

  13. ワシントン発 〓 ケネディー・センターが2019/2020シーズンのラインナップを発表

  14. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団に新コンサートマスター

  15. パリ発 〓 「ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール」のヴァイオリン部門は、ウクライナのディアナ・ティシュチェンコが優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。