ベルリン発 〓 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団がオリジナルのフルトヴェングラー全集を発売

2019/01/26

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker)がヴィルヘルム・フルトヴェングラーの指揮による放送録音を22枚の全集として発売することになった。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が自らのレーベルで、フルトヴェングラーの録音を発売するのは初めて。

収められているのは、1935年から1945年にかけてドイツ帝国放送が放送用に録音したもの。録音テープはベルリン陥落後、ロシアによって押収されたが、1987年と1991年にドイツに返還された。その音源をリマスタリング(28bit/96kHz)したのが今回の全集。CD/SACDのハイブリッド仕様。

フルトヴェングラーは1922年、アルトゥール・ニキシュの後任として常任指揮者に迎えられたが、1934年に起きた「ヒンデミット事件」でナチス当局と対立して辞任。しかし、その後も終戦まで数多く指揮台に立っている。発売は2月8日。

写真:Berliner Philharmoniker

    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. クラスノヤルスク発 〓 空港にバリトンのホフストフスキーの名前

  2. ブリュッセ発 〓 モネ劇場が2019/2020シーズンの上演ラインナップを発表

  3. ニューヨーク発 〓 訃報:ヴァイオリンのロバート・マン死去

  4. 訃報 〓 ドミニク・アルジェント, 米国の作曲家

  5. 香港発 〓 香港フィルがズヴェーデン指揮のマーラーを200ドルで

  6. 東京発 〓 吹奏楽の聖地「普門館」を吹奏楽関係者に開放、解体工事前の11月に

  7. バイロイト音楽祭 〓 来年の《タンホイザー》はアクセル・コーバーが指揮!?

  8. 訃報 〓 ペーター・マスース、オランダを代表するトランペット奏者

  9. ダラス発 〓 ダラス・オペラが2019/2020シーズンのラインナップを発表

  10. 訃報 〓 ジョージ・ナイクルグ, 米国のチェロ奏者

  11. ヘルシンキ発 〓 スザンナ・マルッキがヘルシンキ・フィルとの契約延長

  12. ウィーン発 〓 代役は指揮者!?

  13. ミラノ発 〓 スカラ座がサウジアラビアからの資金提供を拒否

  14. ロンドン発 〓 「クイーンズ・シアター」が「スティーヴン・ソンドハイム・シアター」に

  15. ストックホルム発 〓 スウェーデン放送響がハーディングとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。