パリ発 〓 新しい“リング”含め、パリ国立オペラが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

2019/03/10

パリ国立オペラが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表した。最大の話題は、ヨナス・カウフマンら豪華な顔ぶれが出演するワーグナー《ニーベルングの指環》の新しいチクルスが登場すること。新演出を手掛けるのはカリスト・ビエイト(Calixto Bieito)。

《ラインの黄金》が4月2日-15日、《ワルキューレ》が5月5日-27日、《ジークフリート》が10月10日-18日、《神々の黄昏》が11月13日-21日というスケジュールで登場する。指揮はフィリップ・ジョルダンで、4部作の通し上演が11月23日-28日、11月30日-1月6日の2回行われる。

チクルスの主な出演者はイアン・パターソン、エカテリーナ・グバノヴァ、アンナ・ガブラー、ヨナス・カウフマン、エヴァ=マリア・ウェストブロック、マルティナ・セラフィン、ジョン・レリエ、ジュリー・フックス、アンドレアス・シャーガー、リカルダ・メルベート、サラ・コノリー、ヨハネス・マルティン・クレンツレ。

2019/2020シーズンは19作品を上演する。新演出は以下の通り。


ヴェルディ《椿姫》
9月12-10月16日
演出:サイモン・ストーン
指揮:ミケーレ・マリオッティ
出演:プリティ・イェンデ / ニーノ・マチャイゼ / ベンジャミン・ベルンハイム / アタラ・アヤン / リュドヴィク・テジエ / ジャン=フランソワ・ラポワント

ラモー《優雅なインドの国々》
9月27日-10月15日
演出:クレマン・コジトア
指揮:ビクター・ガルシア・アラルコン
出演:サビーヌ・ドゥヴィエル / ジョディー・デヴォス / ジュリー・フックス / マティアス・ヴィダル / スタニスラス・ド・バルベイラク / アレクサンドル・デュアメル / エドウィン・クロスリー=マーサー / フロリアン・センペイ

ボロディン《イーゴリ公》
11月28日-12月26日
演出:バリー・コスキー
指揮:フィリップ・ジョルダン
出演:エレーナ・シティキーナ / アニタ・ラチヴェリシュヴィリ / パヴェル・チェルノフ / エフゲニー・ニキティン

マスネ《マノン》
2020年2月29日-4月10日
演出:ヴァンサン・ユーグ
指揮:ダン・エッティンガー
出演:プリティ・イェンデ / ソフィア・フォミナ / ベンジャミン・ベルンハイム / スティーヴン・ コステロ / リュドヴィク・テジエ / ロベルト・タリアヴィーニ

写真:Opéra national de Paris


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. バルセロナ発 〓 バルセロナ交響楽団が音楽監督の大野和士との契約を延長

  2. ベルリン発 〓 ドイツ・グラモフォンが120周年記念コンサートをライブ配信

  3. チューリヒ発 〓 ジャナンドレア・ノセダがチューリヒ歌劇場の音楽総監督に

  4. 山形発 〓 阪哲朗が山形交響楽団の常任指揮者に

  5. ロンドン発 〓 エサ=ペッカ・サロネンがフィルハーモニア管を退任、2021年で

  6. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルがティーレマンの指揮でブルックナーの交響曲全曲演奏

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。