プフォルツハイム発 〓 ダグラス・ボストックが南西ドイツ・プフォルツハイム室内管弦楽団の首席指揮者に

2019/08/01
【最終更新日】2019/09/02

英国の指揮者ダグラス・ボストック(Douglas Bostock)がこの9月から、プフォルツハイムを本拠地とする南西ドイツ・プフォルツハイム室内管弦楽団 (Südwestdeutsche Kammerorchester Pforzheim)の首席指揮者に就任することになった。プフォルツハイムはドイツ西南部に広がる「シュヴァルツヴァルト=黒い森」の北玄関口に位置する街。

ボストックは1955年、イングランド北西部ノースウィッチ生まれの64歳。シェフィールド大学を卒業後、エイドリアン・ボールトに師事。これまで南西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団(1980-1990)、チェコのカルロヴィ・ヴァリ交響楽団(1991-1998)、スイスのアールガウ交響楽団(2001-2019)などの首席指揮者、常任指揮者を歴任している。

日本との縁が深く、2000年から2011年まで東京佼成ウインドオーケストラの常任指揮者、首席客演指揮者を務めた。東京芸術大学招聘教授、洗足学園音楽大学客員教授も務めている。

写真:Hiro Miyashita


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. オールドバラ音楽祭 〓 2019年のプログラムを発表

  2. 訃報 〓 ジョージ・ナイクルグ, 米国のチェロ奏者

  3. ロンドン発 〓 フェリックス・ミルデンベルガーが「ドナテッラ・フリック指揮者コンクール」で優勝

  4. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  5. トランス=シベリア芸術祭 〓 2018年の芸術祭が開幕

  6. ウィーン発 〓 ウィーン交響楽団が次期首席指揮者にオロスコ=エストラーダ

  7. ローマ発 〓 ダニエレ・ガッティがローマ歌劇場の《リゴレット》を指揮

  8. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルがティーレマンの指揮でブルックナーの交響曲全曲演奏

  9. ヒルヒェンバッハ発 〓 南ヴェストファーレン・フィルが首席指揮者にナビル・シェハタ

  10. ミラノ発 〓 スカラ座のペレイラ総裁退任へ

  11. モスクワ発 〓 中国愛楽楽団が初のロシア・ツアー

  12. ソウル発 〓 ソウル市立交響楽団の首席指揮者にオスモ・ヴァンスカ

  13. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  14. ブレゲンツ音楽祭 〓 公演DVD発売:2017 – 2018年の《カルメン》

  15. ブレゲンツ音楽祭 〓 2021年、2022年はホモキ演出の《蝶々夫人》

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。