ヘルシンキ発 〓 ミリアム・ヘリン国際声楽コンクールに474人が応募

2019/01/06

ヘルシンキで行われている「ミリアム・ヘリン国際声楽コンクール=Mirjam Helin International Singing Competition」の応募が昨年末で締め切られ、474人の応募があったと発表された。コンクールは1984年、シベリウス音楽院で長く若手歌手の指導に当たっていたミリヤム・ヘリン教授が「フィンランドに世界的な声楽コンクールを」という想いで設立したもの。男性は32歳、女性は30歳以下が対象で、5年ごとの開催。過去の優勝者には、アンドレア・ロスト、エリーナ・ガランチャ、ルネ・パーペなどがいる。コンクールの事務局は「コンクール史上、最大級の応募者」と話している。

2019年は5月20日から29日にかけての開催。62の国と地域から応募があり、韓国、ロシア、中国、フィンランド、米国の順で応募が多い。事前審査の結果は1月25日に発表される。フィンランド国立歌劇場で行われるファイナルには8名が出場、フィンランド放送交響楽団と共演する。審査委員長はテノールのヨルマ・シルヴァスティで、審査員にはキリ・テ・カナワ、ヴァルトラウト・マイヤー、デボラ・ポラスキ、ヴェッセリーナ・カサロヴァ、ベン・ヘップナー、オラフ・ベーアなど、そうそうたる顔ぶれが揃っている。

写真:Mirjam Helin International Singing Competition


関連記事

  1. 訃報 〓 ヒルデ・ザデク, ドイツのソプラノ歌手

  2. ベルリン発 〓 クシシュトフ・ポロネクがベルリン・フィルのコンサート・マスターに

  3. ベルリン発 〓 第1回「オーパス・クラシック賞」決まる

  4. バルセロナ発 〓 リセウ劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  5. 訃報 〓 指揮者のロジェストヴェンスキー死去

  6. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管弦楽団のヴィオラの首席奏者にキム・サラ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。